1月 042015
 

image昨年(2014年)の12月28日に購入したシンビジウム2株の花茎を全て切りました。シンビジウムは、切り花としても60日くらいは楽しめますから、早々と切り落として、株を来年に向けて成長させようと考えています!

コチョウランやデンファレは、室内温度が維持できるのであれば、1年中成長を続けるそうなのですが、シンビジウムは、どうやら「株を休ませること」も重要なようです!

花茎を切り、10度~13度位の温度(7度くらいでも十分だそうです!)の場所で、維持するのがよいそうです。そうすることで、葉芽を出させず、株を休息させることが重要のようです。

シンビジウムは、温度よりも日光を重視するので、冬の間に温度を維持して、葉芽が成長したとしても、日照時間が短いので、株が成長しないという事らしい!

シンビジウムは、2月から4月に掛けて出てくる葉芽をいかに大きな株に成長させるかが勝負だそうですから。

日照時間が最重要事項ということを肝に銘じておく必要がありそうです。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.


1月 032015
 

コチョウランの栽培が難しい、と勝手な思い込みから、随分と多くの参考書を購入しましたが、その中でとにかく頻繁に参考にしているのは、富山昌克著「コチョウラン (NHK趣味の園芸ーよくわかる栽培12か月)」(日本放送出版協会:2003年12月)です。月別に栽培方法が記述されているし、室温別に栽培方法が違うことも詳細に記述されています。

コチョウランは、新葉が大きく成長しないと花茎が出てきませんが(参考書の記載通りです!)、花が終わったら次の花茎が出るまで新葉を如何に出させて、充実させるかが栽培の大きなポイントです。そのためには、可能な限り早い段階で株の充実を図りたい!

大輪系のコチョウラン6株中3株は、頂いた段階で既にかなり弱っており、新葉が出ることなく今期の開花は、当初から考えていませんでした。それでも、来年の今頃は花を咲かせたい。そのためには、今から株の成長を考える必要があります。

上記の参考書には、「冬の間、18度以上を維持できるのであれば、花後に鉢替えを実施してできるだけ早い段階で株の充実を図る」との記載がありました!なるほど、そうなんだ。既に今期の花が望めない大輪系のコチョウランに関しては、鉢替えを実施して株を充実させる必要がありそうです。既に、新しい根が見えている物もあるし、新しい葉が出てきている株もありますから!

鉢替えと言っても、大きな鉢に植え替えるのではなく、ミックスコンポストを全て同じ物に統一したいと考えているので、再度、コチョウラン用のコンポストを見直す必要があることと、これまでの経験を活かして、株の向きを再度調整するだけになりそうですが。

“Posted through WordPress for Android.”


1月 032015
 

imageアメリカから一時帰国している次女が通うアメリカの大学は、1月5日から授業が始まるため、次女は本日帰国(2015年1月3日)!昨年は、成人式参加のため1週間大学を休んだので、実質、正月の三が日に渡米するのは初めてです。

成田空港は、帰国ラッシュとも聞いていたので、かなりの混雑を予想していました。特に、駐車場は、停められるのか不安でした。ただでさえ駐車場は混んでいて駐車するまでに時間が掛かりますから。

ところが、高速は拍子抜けするくらい空いているし、駐車場は、かなりの警備員が出て、車を誘導している!

「駐車場、今日は日帰りですか?」との質問に「はい」と回答すると、ではこちらへと誘導してくれて、あっさりと駐車完了でした!いつもこうすればいいのに、とも思いましたが。

次女を見送って、その帰路、再度成田山新勝寺へ向かいました。元旦の初詣の時に、すっかり昨年の御札を自宅に忘れていたので。郵送でも受け取ってくれるという事だったのですが、長女から「ここは、再度、成田山へ行って古い御札は納めるべきでしょ!」との意見で、結局は2度目の成田山新勝寺となりました。

成田山は、夕刻だったこともあって、駐車場も想定以上に空いていたし、人も既に帰路に就いたのか簡単に必要な事を完了できました。

慌ただしい正月でしたが、そろそろ日常のモードに切り替えなくては。

2015年、いよいよスタートです。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.


1月 022015
 

昨年(2014年)に頂いたり、購入したりのコチョウランです。大輪系が6株、中輪系が2株、小輪系が1株と、単純に合計すると9株を所有しています。個人的には、栽培がとても難しいと思い込んでいたランですが・・・何と、昨年の11月頃から花茎が伸び出して、2015年の1月現在、以下のような結果です!

所有するコチョウランの状態
種類 株数 開花株数 備考
大輪系 6 3/6 全ての株が頂き物。その内、3株は頂いたのが遅く(2014年6月16日)、今年の開花は最初から望んでいない!花茎が出てきている物株は、2014年5月14日に頂いた株。
中輪系 2 2/2 購入株。ミディー系と呼ばれて販売されていたのですが、想定以上に大株。一番開花が早い。
小輪系 1 1/1 小さな株ですが、何と花茎が2本!1月では、まだ開花していませんが、これからが楽しみです!

中輪系のコチョウランは、既に開花が始まっていて、見事な花姿を見せてくれています。何とも優雅で、どっしり感があります(って、勝手な解釈ですが・・・)。

image

私の場合は、外へ出すことはなく、年中室内。日差しが当たる窓際で、カーテン越しの光を当てていました!肥料は、参考書に従って、固形の化成肥料を置き、液肥を規定量毎週与えていただけですから、それほど苦もなく開花してくれたことになります。ちょっと難しいな~と感じたのは、販売されているコチョウランのように綺麗に支柱に立てられないことくらいでしょうか。冬は、20度に温度設定したヒーターが効いた部屋に置きっ放しです。

これから、大輪系を含め、更に開花株が増えるのでは、と予想できるので、ワクワク、ドキドキといった感触です!

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.


1月 012015
 

明けまして、おめでとうございます。 本ブログは、2014年12月31日にセットアップ、投稿記事の公開を始めましたので、本ブログも2年目に突入したことになります!今年もマイペースで投稿記事を公開していこうと考えています。

さて、新年の行事としては、我が家では恒例になっている初詣で、今年も成田山新勝寺へ。昨年の投稿記事を見ると、6年連続としているので、今年で7年連続しての成田山新勝寺になります。

成田山新勝寺は、正門からはいるとなると、その混雑で気分が悪くなるので、我が家ではいつも「西門」から入ることにしています。

「西門」から入ると、駐車場から本殿までは20分ほどで到着できます。我が家は、昨年購入の古いお札を納めて、煙に浸って、それから向かいますが、それでも30分程度。ちょっと、お勧めのコースです!

image

「西門」へは、我が家の場合、国道51号線から「こどもの国」を目指し、更に「宗吾参道」前を通過して、更に「成田国際高校」前を通って、最終的には「黒田駐車場」へ車を止めます。

この駐車場、成田山新勝寺の西門までは、徒歩3分ほど。更に良いのは、車の回転率が速いため、意外と待たずに駐車完了できます!

2015年の初詣は、ちらちらと雪が舞う日中でしたが、積もることはなく、比較的すいていたような気もしますが、じっくりと初詣ができました!

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.