最近流行っているのか「ボタニカル」という言葉があちらこちらで見られます。いわゆる「植物のある生活」とでも訳せば良いのでしょうか。植物だらけということはありませんが、バラとラン、更には多肉植物とちょっと偏ってはいますが、植物と共に費やす時間が癒やしの時間となっています。

多肉・観葉植物の世界

フィカス・アルテシマ(1)

数週間に渡って、家中のあっちこっちで温度と湿度を計測していて、玄関が想定外に温度が安定しているし、湿度が高いことが判明しました!そこで、そんな玄関にお似合いの観葉植物が欲しいな〜と考えて、ネット検索していてヒットしたのが「フィカス・アルテシマ」だったんです。

フィカス ...

ベンジャミン・ラブリー

2021年01月16日多肉・観葉植物の世界

バラとランと多肉植物と・・・そして僅かに観葉植物を所有していますが、結構そのどれもが長いこ ...

ピンク系コチョウラン(仏壇へ)

ランの世界

生前、残念ながら妻が見ることができなかったピンク系のコチョウランが全開になりました。ほぼ枯 ...

強剪定(左:ジェミニ、右:ヨハネパウロ二世)

バラの世界

バラの剪定と言えばシーズンオフに実施するのが通常のやり方だと思われます。我が家もそれが通常 ...

エクセルシア 'ザ グローブ' 1

ランの世界

エクセルシア 'ザ グローブ' コチョウラン、シンビジウム、デンドロビウム、そしてカトレア ...

仏壇用のバラ(クローズアップ)

バラの世界

亡き妻の仏壇にバラを飾りたい、という想いから「切花向けのバラ」を探しています。ネットを検索 ...

仏壇用のバラ

バラの世界

生前、妻が最も愛したバラは、「うらら」という品種でした。ショッキングピンクの花は、1年を通 ...

チューリップ「ハウステンボス」 - 切り花

2020年04月28日草花の世界

2018年に次女の長崎旅行のお土産としてもらったチューリップ「ハウステンボス」が、2019 ...

うらら - ベーサルシュート

バラの世界

亡き妻が最も愛した「ローズうらら」ですが、既に我が家に来てから7年も経っていて、開花株を購 ...

バラ「ローズうらら」

バラの世界

とにかく亡き妻が大好きだった「ローズ うらら」が咲きました!まだまだバラのシーズンはこれか ...

チューリップ「ハウステンボス」

2020年04月13日草花の世界

2018年の秋に次女が長崎で購入して来てくれたチューリップの球根。「ハウステンポス」という ...

ドラセナ - 幸福の木(親株)

多肉・観葉植物の世界

バラとランを中心に、ガーデニングを楽しんでいますが、観葉植物のドラセナ「幸福の木」も育てて ...

ダコニール1000

2020年03月15日バラの世界

ちょっと遅いのですが、週末にしかバラの薬剤散布の時間がとれませんが、やっと本日時間が取れた ...

マイローズ:薬剤

2020年03月05日バラの世界

3月になって、ばら栽培がスタート。今年こそ、年間を通してしっかりと薬剤散布を実施して病害虫 ...

Hwa Yuan Bay 1

ランの世界

周囲では、カトレアやコチョウランの開花情報をみるようになったのですが、我が家でもミディカト ...