サンスベリア「シルバー・ハニー」の株分けを強行

多肉・観葉植物の世界

2021年は、3月だというのに既に桜が満開です!植物の育成には、この桜の開花が目安になっているケースが多いのですが、今年は新記録と言われるほどに開花が早い。これに合わせて良いのかちょっと懐疑的ではあったのですが、早いに越したことはないと考えて、サンスベリア「シルバー・ハニー」の株分けを強行しました!

サンスベリア「シルバーハニー」の株分け
サンスベリア「シルバーハニー」の株分け

この「シルバー・ハニー」は、近所のホームセンターにサンスベリア「シルバー・ハニー」と名札がかかっていて、ポップで大きくなりません、となっていたのですが・・・流石に背が高くはなりませんが、増える増える!既に数度の株分けを実施していて、母(1鉢)と義妹(1鉢)に譲ったのですが、既に枯れてしまったようで・・・枯れた原因は明らかで、水のやり過ぎ!

サンスベリアは、とにかく水が少ないかな〜と感じるくらいで大丈夫。具体的には、1週間に1度程度の水やりで充分です!上の葉に対して、音が細いし、少ないので水をやり過ぎると直ぐに枯れてしまいます。と母にも義妹にも説明していたのに。どうやら冬の間も3日に1度ほど、水をやっていたようです。冬なんて、完全に水やりを停止しても良いくらいです!

さて、今回、義妹が再度分けて欲しいと言ってきたことと、次女が初めて「我が家にも欲しんだけど」と言ってきたので、良い機会なので、1鉢を3鉢に株分けしました。実は、写真以外に、鉢が小さいことが原因で乾燥してしまっている株もあったので、その部分は廃棄しました。

写真以外にもサンセベリア「シルバー・ハニー」はあるので、やっぱり増えるよな〜と考えながらの作業でした。

サンセベリアは、株分けする時には、日陰で1日乾燥させたほうが良い、と指摘されている方が多いのですが、私の場合、株を切り分けて、鉢に植え付けて、たっぷりと水やりをして、日陰で維持する、ってな方法で失敗したことがありません。

今回も、これまでと同じように株分けを実施しました!