3月 152015
 

【追記:2015年03月15日】
本投稿記事を公開して初めて知りましたが・・・「AVCREC方式でダビングしたDVD-R」機器ってのがある!そこで調べてみました。「AVCREC – Wikipedia」に総括がありましたので、掲載しておきます!

  • パナソニック:2007年(平成19年)10月以降に製品化されたDVD/BDレコーダーの一部から(日立製作所へのOEM品を含む)対応し、2009年(平成21年)3月以降はBDプレイヤー全モデルでAVCRECに対応。
  • 三菱電機:2008年(平成20年)5月以降に製品化されたDVD/BDレコーダー全モデルでAVCREC対応。
  • NEC:2009年(平成21年)1月より、デスクトップ及びノートPCのハイエンドモデルのみAVCRECに対応。
  • 東芝:同社初のBDレコーダーは船井電機よりのOEM品。同製品がAVCRECに対応(三菱、日本ビクターも東芝と同様)。2010年(平成22年)9月以降に製品化されたREGZAブルーレイレコーダー/プレーヤーでAVCREC対応。DR録画も可能。
  • ソニー:全モデル非対応(DVDからBDへの移行を促進する方針のため。同社のPS3もAVCREC非対応
  • シャープ:パイオニアへのOEM品を含み全モデル非対応(ソニーと同様の方針)。

なるほど!パナソニック、三菱電機、東芝が無難の選択ということなんですね!ソニーとシャープが非対応・・・これは良いことを知りました!

【公開時、投稿記事】
ビデオレコーダーは、我が家にとっては無くてはならないデジタル機器になりました。現在利用しているのは数年前に購入した「Panasonic DIGA DMR-BWT530」という機種。当時は斬新だったように聞きましたが、もう既に生産中止になりました。

20150214_DMR-BWT530

これまでは、全く意識することなく HDD に録画した内容を DVD-R へダビングしていました。当然ですが、そのまま同じ機器での再生には問題が無かったのですが・・・先日、他のメーカーのポータブル DVD で再生しようとすると・・・「あれっ!?再生できない!」ということで調べてみると、ありました、解説が。「HDDからDVD-Rへダビングしたが、他の機器で再生できない。 | dmrbw880 | 使い方で困ったときの Q & A | お客様サポート | Panasonic」よりちょっと引用しましょう!

HDDからDVD-Rへダビングしたが、他の機器で再生できない場合は、ダビング後にDVD-Rをファイナライズしていない可能性があります。VR方式/AVCREC方式でダビングしたDVD-Rは、対応機器以外で再生しないでください。DVD-Rが取り出せなくなるなど、故障の原因になることがあります。

ファイナライズする必要があるんですね!更に、我が家ではダビングは「AVCREC方式でダビング」なので、他の機種もその方式に対応している必要があるんですね!なるほどね~

一度、ファイナライズしてしまった DVD-R をフォーマットを変更することができませんから、かなり注意してダビングする必要があるということが判明しました!今更ですが・・・


2月 242015
 

20150125_LB-210先日、次女からお下がりとしてもらった「Mouse Computer LB-S210XR(レッド)」が想像以上に調子が良く、絶好調といった感じ!(本ブログの投稿記事「Mouse Computer LB-S210 シリーズは次女からのお下がり!」を参照)

これまで利用していた「Surface RT」も購入当初は、その快適さにとっても満足していたのですが・・・やはりアプリの少なさは致命傷です。更に、Windows RT が 8.1 になると、かなり重くなって・・・OneDrive との一体感が気に入っていたのと、その軽さや立ち上がりの素早さは、全くもって未経験の世界でしたが。

流石に「LB-S210XR」がレッドモデルということもあって、仕事用としての用途を含めて、常時持ち歩くには抵抗がありますが(仕事では勿論無理・・・話題性があっていいじゃん、とは、我が家の女子連のみの感想です!)、自宅利用では、もう「Surface RT」には戻れなさそうです。

「LB-S210XR」に戻って、真っ先にやっていることは「PoratbeApps」の利用の復活!以前は、本当にお世話になった「USB メモリー用ランチャー」というやつで、通常は「USB メモリー」に入れて持ち歩くのですが、当然、通常の PC でも利用できます。「USB メモリーで常備できる」ってことは勿論ですが、その他に何が良いって・・・

  • PC にインストールする必要がない!
  • ほとんどが日本語に対応している!
  • 完全無料で利用できる!

もうこれなしで PC は使えない、と言われるくらい重宝しています。WIndows RT でも利用できれば、Windows 7 に戻ることはなかったけど・・・直感的に利用できるし。

20150224_ScreenShot_PorableApps

以下、「PoratbelApps」と共に既に利用しているアプリをリストしておきます。

  • FileZilla Portable:ファイルをサーバーへ転送するためのアプリ
  • GIMP Portable:画像編集のためのアプリ(特に写真編集)
  • Inkscape Portable:画像作成のためのアプリ(自分で画像を作成するため)
  • Notepad ++ Portable:テキストエディター用と HTML、PHP、CSS 編集のためのアプリ

ちょっとだけ、自分の使用用途を簡単に明記しておきました。その他に Google Chrome や FireFox などのウェブブラウザや Mozilla Thunderbird など有名なソフトもありますので、今後利用復活しようかな、と考えています。


1月 312015
 

昨年(2014年)の経験を活かして、バラやランの栽培に関していろいろと試行錯誤していますが、先ずは、もう直ぐ必要となるランに関する「鉢替え」や「鉢増し」を前提にいろいろと「鉢」に関して情報を収集しています。

ランに関しては、やたらと大きい鉢を準備するのではなく、小さめの鉢を準備する必要があることは理解できましたが、室内に入れることを考えると、その外観を考える必要がありそうです。素焼きの鉢は、春先から秋口まで屋外で育成すると、想像以上にコケの付着が進み、見栄えが悪いし、何よりもかなり激しく洗ってもなかなか綺麗になってくれず、鉢が多くなるとかなり困難な作業になります。

そこで、化粧鉢やプラスティック鉢、その他に陶器鉢等いろいろと検討しています。そうした中、いろいろなサイズの鉢があり(当たり前か〜)、ちょっと標準の鉢とは形状が異なるものもあることが解ります。

そこで、まずは標準的な形状の素焼き鉢のサイズをしっかりと理解している必要がありそうです。肥料を与えるにしても重要な事項になりますから!以下はウェブページ「フジ園芸::すやき鉢サイズ」を参考にしました!

素焼き鉢の標準的なサイズ
種類 開口部(外径) 高さ
2号 約68mm 約61mm
2.5号 約78mm 約69mm
3号 約94mm 約83mm
3.5号 約109mm 約96mm
4号 約124mm 約110mm
4.5号 約140mm 約125mm
5号 約158mm 約140mm
6号 約190mm 約166mm
7号 約225mm 約200mm
8号 約255mm 約225mm
9号 約300mm 約245mm
10号 約330mm 約270mm

鉢には、深鉢とか浅鉢とかがあって、サイズは一概に言えないのですが、それでも上記の標準的な鉢のサイズ一覧は、いろいろと参考になります。

ランに関して、昨年の大失敗は「バーク材とプラスティック鉢のコンビネーションはとっても軽い」ため、窓を開けていた状態で、強風で鉢が飛んでしまった!ランに関しては、小さめの鉢にするので、特に「軽い」ので、強風に関しては、要注意なのです。

今年は、上記のような失敗がないように、ちょっと重めの化粧鉢に植え替えを実施しようと考えています。既に、「バーク材 + プラスティック鉢」に植え替えてしまった株もありますが、これから実施する中輪系や小輪系のコチョウランやデンファレの鉢替えは、まだまだ検討できるレベルなので、熟慮する必要がありそうです。


1月 302015
 

image久し振りの大阪出張。それ自体は問題ないのですが、大阪からの帰路の日は「大雪の予報」が出ていました!大雪と言えば、昨年の記録的な大雪が思い出されます(本ブログの投稿記事「記録的な大雪でバラの剪定ができない!」を参照)。

昨年の大雪で、当然ですが雪かきをしたり、雪下ろしをしたりと大忙しだったことを思い出しますが、そんなときの道具が足りませんでした。シャベルは割れてしまうし、車に積もった雪を下す時には素手でやったり・・・結構大変だった!ただ、関東ですからそんな日はめったにありません。数日のことであれば、十分に対応できる。

ところが・・・「雪の予報」が全くの空振りで(と言っても、横浜では雪が積もっていたし、東京でも一部では雪が積もったらしい)、新幹線も広島と横浜での積雪の影響で東京着が1分ほど遅れましたが、ほとんど影響なし。自宅へ向かいました。

自宅へ到着・・・そこで目にしたのは・・・大型のシャベルが2本、車の雪下ろし用のシャベルが1本、更には大型の長靴・・・ちょっと雪国じゃないの、と思われるほどの真新しい道具のオンパレード。

「雪、降らないじゃん!」とちょっと機嫌が悪い我妻。「去年、準備が遅れたからね~今回は万全なのに!」と説明してくれましたが、ちょっと行き過ぎのような気もしますが。昨年の大雪は「記録的な大雪」であって、雪が降れば、いつもそこまで降ることはないのですが。雪は降ってからでは遅い、との判断での準備ですから、ここは良しとするしかないのですが・・・

それにしても・・・大げさなような気がする私でした・・・

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.


1月 292015
 

image前月購入した雑誌「カメラマン(2015年1月号)」に背景がぼける写真に関する記事が掲載されていました!

詳細に、どうやってレンズを選定するかを説明しているのですが、その内容に関しては、実際に雑誌を手に取って読んで頂きたいと思いますが、比較した実際に写真が掲載されていて・・・もうこれでしょ!って感触で、欲しいな~って気になっています。

結局、背景をぼかすためには、「できるだけ明るい望遠レンズ」を購入すると手っ取り早い、と理解できたのですが正しいのかな~ちょっと参考になるウェブページ「レンズを交換して「Nikon 1 V2」を楽しむ 最新の明るいレンズや手持ちのレンズ資産を活用しよう – ライブドアニュース」を掲載しておきましょう。

絞り値を開放に近づければ近づけるほど、背景を大きくぼかすことができる。つまり、明るいレンズのほうが写真表現には有利で、より被写体が浮き立つような写真を撮影することができる。
(中略)
「FXフォーマット」対応の望遠レンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」をマウントアダプタ「FT1」を介して「Nikon 1 V2」に装着すると、焦点距離は2.7倍相当の189~540mm相当の超望遠ズームレンズとして使用することができ、遠くの被写体をアップで撮影することができる。

どうやら「明るいレンズで望遠」という理解は正しいようで・・・前述の雑誌には、「Nikon 1 V2 + FT1 + AF-S NIKKOR 50mm F1.4G」という組み合わせの実際の写真が掲載されていて、これが何ともいい感じで背景がぼけています。どうやら、購入した Nikon 1 V2 の標準望遠レンズでは不十分のようで。当然、背景はぼけてくれますが、私個人が満足できるレベルではないので。

AF-S NIKKOR 50mm F1.4G マウントアダプター FT1

いつになるかはわかりませんが、将来、デジタル一眼のカメラを持つようになれば、上記のようなレンズ資産は、そのまま利用することができるし、購入して損はなさそうなのですが。