今更ですが「USB 3.0」と「USB 3.1」を調べる

Chromebookの世界

所有しているChromebookが装備しているインターフェースである「USB 3.0」と「USB 3.1(Gen 1)」ですが、単純に「何に使えるのか」が理解できておらず、充電に利用するだけ、という状況です。もう少々、拡張の可能性を模索するためちょっと調べてみました(今更ですが・・・)。

ASUS Chromebook 電源ランプ
ASUS Chromebook Flip C434TA-AI0084

画像には、仕様によって、左側から「USB 3.1(TypeC/Gen1)」、電源ランプ(点灯中)、「USB 3.0」、「マイクロホン・イヤホンコンボジャック」、「音量ボタン」と並んでいます。「USB 3.1」は逆側にも同じものがあります。左右、どちらの「USB 3.1(Type-C)」でも、Chromebook本体を充電できることを確認しました(本ブログの投稿記事「左右両方から充電できる「ASUS Chromebook Flip C434TA」です」参照)。

【追記】
Chromebookのインターフェイスである「USB 3.0」から周辺デバイスへの充電が可能であることを確認しました!私の場合、加熱式タバコのデバイスの充電を実践しています!

所有する「ASUS Chromebook Flip C434TA-AI0084」の「USB 3.1(Type-C)」からの充電は、最大で「45W(15V x 3A」で充電していることは、ACアダプターの規格から理解できます。

USBとは、「Universal Serial Bus(ユニバーサル・シリアル・バス」の略称で、今更、私ごときが詳細を記述しなくても、ネットには大量の有益な情報がありますので、それを参照して頂くとして、本稿では、特に所有するChromebookの搭載されている「USB 3.1(Gen 1)」と「USB 3.0」を調査することにします。

実は・・・「USB 3.1(Gen 1)」って・・・「USB 3.0」の新しい名称である!ってことです。結構衝撃的な事実です。ただ、データ転送からの視点に限ってということで、ちょっとだけ違うこともあるようです。

ネットの「USB 2.0 / 3.0 / 3.1は何が違うのか、詳しくまとめてみた。 | ちもろぐ」を参照に一覧にしてみます。

規格転送速度給電方向形状
USB 3.05Gbps (625MB/s)4.5W (5V x 0.9A)ホストからデバイスType A / Type B
USB 3.1 (Gen 1)5Gbps (625MB/s)100W (20V x 5A)両方向Type A / Type B / Type C
出典:「USB 2.0 / 3.0 / 3.1は何が違うのか、詳しくまとめてみた。 | ちもろぐ」より

上記の表を参照すれば、その違いは一目瞭然!「USB 3.0」と「USB 3.1(Gen 1)」とは、データの転送速度に変わりはありませんが、給電能力、ホストからデバイスへの方向、形状に違いがあることは分かります。

なるほどね〜とっても参考になりますね〜「方向」が両方向になったことで、Chromebookにスマートフォンを繋げて、スマートフォンのデータをChromebookへ転送するってなことができそうですね!

ちょっと参考に「3.1(Gen 1)」と「3.1(Gen 2)」を明記しておきます。

規格転送速度給電能力方向形状
3.1(Gen 1)5Gbps (625MB/s)100W (20V x 5A)両方向Type A / Type B /Type C
3.1(Gen 2)10Gbps (1250MB/s)100W (20V x 5A)両方向Type A / Type B /Type C

どうやら、「USB 3.1(Gen 1)」が、正式には「USB 3.1」と呼ばれるようですが・・・ちょっと混乱しそうですが、ここはあくまでもChromebookという限られた世界なので。