【大失敗】Chromebookはアカウントベースであって機種依存ではないことを思い知らされた!

2020年06月18日Chromebookの世界

Chromebook
Chromebook

【2020年6月19日:追記】
本投稿記事を公開して直ぐに「2機のChromebookの同期は、変更することができますよ」とご指導頂きました!(頂いたコメントはこちら・・・)

実際には;
[設定] => [ユーザー] => [同期とGoogleサービス] => [同期の管理] とメニューを辿って、アプリと拡張機能の同期をOFFに設定すれば2機目の設定を同期することなく、2つのChromebookを別々に設定することができます!

【初期投稿内容】
現在所有している2機のChromebookで、一つはメインマシーン、もう一つをサブマシンとして、別々に利用したいと考えて、これまで眠っていた「ASUS Chromebook Flip C214MA」を引っ張り出してきて、再設定しようとトライしました。

大失敗!

Chromebookもスマートフォンのように機種依存と勘違いしてしまった!スマートフォンの場合、機種ごとに設定を変更して、それそぞれに違った使い方をすることが可能です。例えば、メインのスマートフォンには、頻繁に利用するアプリをインストール、バッテリー食いのアプリをサブ機で・・・ってな利用方法ができます。実際に、私の場合、スマートフォンには普段必要なアプリを、Androidタブレットに動画関連や必要だけど普段利用しないアプリをインストールして利用する、ってなことを実践しています。

Chromebookも同じような事ができると勘違いしてしまった!当然、利用するユーザーを変更すれば可能ですが、同一アカウントではそんなことはできない(間違っているのかな〜本当はできるのかな!??)。

何が起きたかというと・・・サブ機で利用しようと考えた「ASUS Chromebook Flip 214MA」をパカッと開いて、サブ機として利用しないと考えたアプリを削除。Chromebookの拡張機能を削除。逆にAndroidタブレットのように利用したいと考えたので、Androidアプリをインストール・・・快適〜なんて感動して・・・

メインマシンを起動すると・・・ぎょっ!あっという間にサブ機での設定が引き継がれて、マインマシンで必要なアプリが消え去り、Chrome用の拡張機能も消えました・・・「Chromebookは、Googleのアカウントに紐付いていて、機種が変われど同一アカウントであれば機種が違っても同じ環境で利用できる」というので、購入を決意したのに。同じアカウントにログインすれば、当然起きるであろう失敗ですね!