Phalaenopsis::コチョウラン

 

(更新日:2015年01月25日)
個人的には、コチョウランを大輪系、中輪系、小輪系と花の大きさによって 3 種類に分類しています。通常は、それぞれに温度管理を変えても良さそうですが、私の場合、低温でも維持できるという中輪系や小輪系も、ある程度温度が必要とされる大輪系のコチョウランに合わせています(低温に当てない、ということ!)。

現在所有しているコチョウランをリストしておきます。黄色い花を咲かせるコチョウランが欲しいな~と思っていますが、大輪系と中輪系は白い花、小輪系は紫の花のコチョウランです。

所有するコチョウラン
種類 株数 購入日 備考
大輪系 3 2014年05月14日 頂き物。5号深鉢に植えてあるが、新根が沢山鉢の外へ飛び出て、花茎も付けている!
大輪系 3 2014年06月16日 頂き物。頂くまでにかなりの時間を経過したため(破棄することを考えていたそうな!)、2014年中の開花は最初から望んでいない!

  • 2015年01月25日:「コチョウラン専用モルコート」を施肥
  • 2015年01月18日:5号深鉢から4号深鉢に植え替えを強行
中輪系 2 2014年05月25日 購入株。ミディー系と呼ばれて販売されていたのですが、想定以上に大株。一番開花が早い。
小輪系 1 2014年05月25日 小さな株ですが、何と花茎が2本!1月では、まだ開花していませんが、これからが楽しみです!

直近の 10 投稿記事

以下に、最近のコチョウランに関する投稿記事をリストします。単純に、これまで公開した「コチョウラン」のタグを付けた投稿記事のリストです。

2014年の成績

2014年12月から花茎が出始めて、2015年1月に開花が始まりました。真っ先に開花が始まったのは中輪系のコチョウランです。
image
勝手に育成が難しいと思っていたコチョウランが、意外と簡単に開花を始めてくれました。年中、室内で、特に何を注意して育てたということもないのですが、肥料と水やり、更に温度管理にはちょっとだけこだわった結果です。

(公開日:2015年01月10日)