11月 292014
 

整形外科での診断は「首のヘルニア」でした。

1週間前から首に違和感があって、数日後には肩胛骨の周辺が痛み出し、更に腕に痛みが拡大し、そして痺れが。鞄も持てないほどの激痛も伴うようになって。

そんな状況で診察を受けた整形外科での診断が「典型的な首のヘルニア」でした。治療は牽引という首を吊す方法。待ち時間が長いのに治療そのものはたったの10分!

「こんな治療で治るはずがない。やっぱり整形外科じゃダメじゃん」との想いから、以前、腰痛で次女の薦めで門を叩いた地元にある 「セドナ整骨院・鍼灸院」でした。

image

まずは、電話で「整形外科で首のヘルニアと診断されたのですが」と相談。一度、診せてくれないかとの回答で、夕刻診察時間終了間際に滑り込みました。

まずは状況把握として触診。整形外科と全く同じ触診なのでちょっと不安。何せ整形外科では治らない、と思っての通院ですから、同じ方法というのが不安感を増大させる!

セドナの医師から「整形外科では薬が処方されましたか?」と問われ、「はい」と回答すると続けて薬の種類を言い当てていきました。これにはちょっとビックリ。ちょっと期待。ところが・・・

「以前、腰痛の時にも説明しましたが、体の歪みが酷いところで、長年の放置とともにその歪みにあわせて筋肉が発達してしまっているので、どこかに負担が出ます。今回は、首から出ている神経が圧迫されていて痛みや痺れが出ていると思われます。首のヘルニアの場合、手の感触が無くなったり、頭痛や目眩、最悪、吐き気が出るようなことがあるはずですが、そこまでは酷くなさそうですからヘルニアと言うよりも、体の歪みからくる神経系統の圧迫による痛み、と言った方が良いかもしれませんね!」

概ねそんなことを指摘されました。

入念なマッサージ、保温、再度マッサージ。最後には電気療法で終わり。「マッサージ」と言うと簡単に聞こえますが、私のような巨漢の体を持ち上げたり、引っ張ったり、曲げたり、捻ったり。それこそ「体の歪み」を修正するための説明が加えられながら丁寧にマッサージが施されました。

「明日も来て下さいね!それから、今日はもう手首を使うような仕事や遊びは止めて下さいね。ゲームとかコンピューターとか。安静にして冷やさないこと」と説明を受けて帰宅。

そして一日が経過・・・全く痛みが無くなったわけではありませんが、整形外科へ通院していたときよりも格段に調子が良い!何と言っても、痛みの程度が激減している!!!

もう「セドナ整骨院・鍼灸院」は私にとっては無くてはならない病院という存在です。

整骨院とか鍼灸院は、保険が効かないとか、無免許でやっているとか、まやかしとか、いろいろな評判があるようですし、実際にそうした医院もあるようですが、セドナは「保険治療」を望めば、それに従って治療をしてくれるし、保険が効かない治療(鍼灸やカイロプラクティス等)だとしても価格は納得できるものですから安心です!

私個人の経験から・・・
中学生の時に、バスケットボールの試合中に、シュートの途中でファール(反則)を受けて、腰から床に落下。腰を強打してから2週間近くも腰痛に悩まされていました!整形外科へ通っていましたが、全く治る気配がなく、いくつか整形外科の病院を渡り歩いた記憶があります。

そんな状況を救ってくれたのが、当時、地元では良く効くが高額と評判の高かった整骨・鍼灸院でした。

藁をも掴む想いで、門を叩き、歩くのも大変だった腰痛が、治療が終わると全く痛みがなくなっている・・・更に通常通りの歩行。それどころかバスケットボールの練習に参加するという驚異の経験がある。

そんな昔の経験から、筋肉痛や腰痛等々の治療は整骨・鍼灸院へ行くのが当たり前になっていましたから、整骨院・鍼灸院へ行く事自体抵抗がなかったのですが。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

4月 072014
 

昨年末(2013年)、クライアントとの会議を終了して、オフィスへの帰還途中、急に歯が痛みだし、徐々に激痛が。その後、数週間に渡って痛みだとれず、結局はほとんどの忘年会をキャンセルしました。

私の歯医者嫌いは知る人ぞ知るという感じで、とっても有名ですが、何せ昨年末の激痛はこれまでにない経験でした。原因は簡単で、歯周病からの歯茎の炎症だった。歯周病があることは以前から知っていたので、さほど驚きはしませんでしたが・・・

治療は、次女の推薦もあって「ユーカリが丘デンタルクリニック」です。夜の10時まで治療をしてくれるし、土曜日や日曜日も治療してくれる。昨年末のアクシデントの時、夜遅くに治療をして頂きました。

20140405 Yukari_Dental

その後、「ユーカリが丘デンタルクリニック」の指導のもと、毎週1回は通院し、とにかく歯周病に関するメンテナンスを実施しました。つまり、ほぼ4ヶ月は通い詰めていましたが・・・2014年になって、しかもこの4月になって全く同じ激痛が・・・まだまだ治療が必要なのですが。

年齢的に多少の歯周病は仕方ないらしいのですが、友人から「虫歯をほったらかしにするからだよ!」と指摘されましたが、この指摘、実はあまり正しくありません。

私は、幼少時には周囲から「あなたの歯並びはパーフェクト!実に美しい」と敗者が指摘するくらいでした。しかし、当時、父が勤務する企業を担当する産業医から「歯並びがパーフェクト過ぎる。直ぐに全ての乳歯を抜歯した方が良い」と指摘されました。「乳歯を抜歯することなく、永久歯に生え変わると、歯並びどころかその他のいろいろな障害が発生する」と指摘されました!

上記の指摘に激怒した私の母が、おっちこっちで上記の指摘を紹介し、真実はどうなのかを複数の歯医者に聞いて回りました。今でいうセカンドオピニオンですね。中には、かなり著名な歯医者もいました。しかし、誰一人、「乳歯を抜歯すること」に同意する方がいらっしゃらなかった・・・

しかし・・・

上記の「乳歯を抜歯しないことでのいろいろな問題」が発生します!永久歯は、乳歯に比べて大きいため、抜け替わる時に永久歯が行き場をなくし、結果、全てが出てこなかった。当然ですが、いくつかの永久歯は重なって、二重になっていたし。歯並びは異常ともいえるほどぐじゃぐじゃ。

歯並びは悪ければ、当然ですが虫歯も。治療しても治療しても直ぐに再発しました。更には、虫歯だけではなく、歯茎にも相当の負担が掛かっていたそうです。だから、虫歯から歯周病へということよりも、もともと弱い歯茎だったらしい。

まさか今頃になって、乳歯の影響が出てくるとは・・・

わが母曰く・・・「あなたを育て上げた結果、2つの大きな間違いを犯したよ。一つは、食べさせ過ぎた結果、肥満を誘導したこと。もう一つは乳歯を維持したことによる歯並びの問題と種々の問題を誘導したこと」とのこと。

2月 012014
 

何年振りでしょうか・・・風邪で寝込むのは。熱こそないのですが、頭痛に喉痛、鼻水にはなづまり・・・インフルエンザが流行っているので、無理にクライアントを訪問するのも、所属する会社へ出向くのも如何なものか。

ただ、咳はなし。熱もなし!

どうしても行く必要があったクライアントへは行きましたが、あまり無理をせず。あまり風邪を引いたことがない(記憶がありません・・・)ので、薬をどうしようかな、と考えていると、買ったという記憶はないし、準備してあるということを言われたことがないのに、我妻から「はい、これ!」と風邪薬が登場しました・・・

「我が家ね~富山の売薬、やってんだよ~」ってな説明で。詳細を聞くと、富士薬品が置き薬のシステムを取り入れていて、しかも使った分だけ有料だと言います。薬の残量は、定期的に訪問してくれて、無くなった分だけ増量してくれると言います。

そんなのがあるのか!?

半信半疑で調べてみると・・・ありました!

正式には「富士薬品の置き薬(救急箱)」というらしい。ウェブページによれば・・・

  • 救急箱をあなたの町の営業マンが直接お届けします。
  • 配置時はお客様のご負担はゼロです。前金・保証金は一切頂きません。
  • 料金は使った分だけのお支払いです(後払い方式)。
  • 定期的な訪問でお薬はいつも新鮮。不要なお薬は無料で交換します。
  • 担当者は都道府県知事の許可を受けているので安心です。
  • 康食品も充実。お客様の健康状態に合わせてお届けします。

上記、特に 3、4 項目の「後払い」と「薬の無料交換」は、我が家のような病気の少ない!?家族にとってはとっても嬉しいサービスのようです。実はこのシステム・・・我が家では、随分と前から利用しているようなのですが、全く気が付きませんでした!