1月 212015
 

先週のシンガポールの出張中に決まったアメリカ出張。昔は、こうしたハードスケジュールは当たり前でしたが、最近はなかったのでちょっとビックリでしたが。出張先は「San Diego, CA, USA」です。長い社会人生活の中で、何と San Diego への出張は初めて。何度か確認しましたが(メモ帳とか)どこにも記載がないし、記憶にもありません。

ちょっと意外でした!

空港に到着するととにかく冬とは思えない気温にがっかり!ただ、後程、その日はたまたま暑かったそうで、通常は12~15度程度だそうです。あくまでもタクシー運転手のコメントですが。宿泊は「Hilton San Diego Bayfront」です。喫煙ルームがありません。というか今のアメリカ、喫煙ルームはないと考えていたほうがいいでしょう。

部屋の窓から見える景観をパシャリ!Bayfront という名前からも想像できるように海の横に位置しています。ヨットハーバーがとっても似合うな~なんて感じました。そして・・・個人的に気候や街並み等々、San Diego が好きかも!

20150122_san_diego

Bayfront と言いながら、部屋からは街並みも直ぐに見えます。

20150122_san_diego_2

San Diego へは、2015年1月現在、JAL が直行便を運航しているようですが、私は、デルタ航空で「成田、ロサンゼルス、サンディエゴ」と乗り継いで到着しました。ロサンゼルスのトランジットは、荷物検査に時間が掛かり、かなりイラッとしましたが、何とか乗り越えて・・・ちなみに、サンディエゴ空港は、ほとんど何もない(店、レストラン、両替所等々)ので、注意が必要です。今回の出張では、日中に到着したので、助かりましたが夜の到着だったら、かなり寂しいのでは、と思われる空港でした。

出張後、ちょっと個人的にプライベートで行ってみたい場所かもしれません・・・

1月 122015
 

久し振りの海外出張はシンガポールでした!シンガポールは、もう数え切れないほど行っている国の一つなので、特に記述することはありませんが、今回初めて宿泊した「Marina Mandarin Singapore」に関して。

宿泊に「Marina Mandarin Singapore」を選んだ理由は簡単で、喫煙ルームが空いていたからなのですが、最近は喫煙者にとっては、こうした部屋の提供は嬉しいですね~ただ、喫煙ルームは、低層階に位置していて景観は残念ながら無惨でした。通常、シンガポールのホテルは夜景が素晴らしいはずなのですが、喫煙ルームからはビルしか見えません!

喫煙ルームがあることに加えて、全くの自己満足ですが、以下のようなメリットがありました!

  • 無線 LAN が使い放題!
  • 部屋が想像以上に広い!
  • レストランは、中華やアメリカン等、各種揃っている!
  • エントランスは1階にあり、フロントが4階なので、フロント階が混雑することがない(はず!)
  • あちらこちらにコチョウランが飾ってある!

まっ、上記に関連して、写真をアップロードしておきます。1階のエントランスから!

image
1階のエントランスを入って、宿泊客用のエレベーターのところにまずはコチョウランが迎えてくれました!この様なコチョウランがあっちこっちに飾られています。通常は気が付かないのかもしれませんが、私個人としては気になるコチョウランでした!

image
喫煙ルームのある7階から下層階を見下ろすと大きなレストランが見えます。こうした吹き抜けのような構造は、Mandarin と名の付くホテルでは共通のものですね!

image
仕事がある「Marina Bay Sands」までは、ちょっと徒歩で行くには厳しいのですが(と言っても徒歩20分ほどです!)、なかなか好感のもてるホテルでした。
“Posted through WordPress for Android.”

1月 072015
 

image先日、次女の渡米を見送るために成田空港に行ったのですが、偶然、「トラベラーズファクトリー」を発見しました。ちょっと店内に入ってみたかったのですが、家族が一緒だったので、場所の確認に留めました。

実は、今週末から海外出張なので、成田空港の第1ターミナルには、また来ることになるから、場所だけを確認して、今週末に成田空港に来て、ゆっくりと店内を見てみようと考えたんです。

「トラベラーズファクトリー」は、現在利用している「トラベラーズノート」に関するオプション品を扱っています。「トラベラーズノートを中心としたステーショナリー・カスタマイズパーツ・オリジナルグッズ・雑貨の販売店」という謳い文句で、どうやら成田空港限定品も購入できるようですから、かなり楽しみができました!

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

2月 032014
 

「Surface RT」を最初に購入したのは我が家の次女でした・・・日本で購入し、その後「Surface RT」をもって渡米しました。アメリカの大学への留学です。お世話になっているホームステイ先、大学構内も無線LANが備えてあって、「Surface RT」で不便を感じたことはない」とのこと。日本の自宅に戻れば、当然ですが我が家の環境で「Surface RT」を利用できますから、そりゃ~不便はないでしょう。

20140103_Surface

では、私の場合は?海外に出張になった時に、会社支給の PC を持っていくか、それとも「Surface RT」を持参するか・・・迷うところです。私の場合、海外で必須なのはメールですが、これは最近は iPhone で処理できるのでほとんど困らないはず!よって、「Surface RT」をいざという時に持っていれば十分かな、と考えている・・・

ただ、ちょっと気になる公開記事がありました。「使い物になったのか! ならなかったのか! :【短期集中! Surface RT】2週間の旅で見えてきたもの (1/2) – ITmedia PC USER」がそれ。ちょっと引用しながら自分用の備忘録として公開しておきます。

無線LANしか持たないSurface RTなので、外出時のネットワーク接続は、別に用意したモバイル無線LANルータ代わりの「Nexus One」に、各国で入手したプリペイドSIMカードを差して使っていた。この、Nexus Oneのバッテリー駆動時間が連続接続で6時間ほどで、1日外出する場合には途中で切れてしまう。そのため、Surface RTとNexus OneをUSBケーブルで接続してNexus Oneを充電しながら使うことになるが、これでも、Surface RT(とNexus One)は外出時に終始利用できたほどだ。

これって、意外に忘れてしまいそうです。ホテルや会議の場所によってこの無線LANが不便になるかもしれません・・・海外に限らず、国内でもこれって要注意ですね。

本体をスタンドで立てていて、分離式で接続部が柔軟なキーボードと本体という構造ゆえに、(中略)ホテルの部屋やカフェ、乗り物のテーブルの上では快適に使えるが、街のベンチで膝の上において使う状況や、ソファやベッドといったやわらかい場所に置いてキー入力を伴う作業を行うのは無理だ。

これは既に感じていることなので(というか自宅でも膝上やベットでタイピングしているので・・・)、自覚症状があります。サードパーティーでもいいからもうちょっと頑丈なキーボードはないものか・・・

国境を越えて移動するユーザーにとって、タイムゾーンの変更を「手動」で行わなければならないことも意外と手間に感じた。

上記は、私にとってはあまり気にならないかな・・・タイムゾーンによるスケジュール等は、日本時間が知りたい場合が多いし、ワールドタイマーのアプリをインストールしているので、時間の表示には困らない。

手持ちのコンパクトデジカメで撮影した動画をSkyDriveを経由して関係者に公開しようとしたときだ。この作業をSurface RTで行うには、撮影データをUSBカードリーダーからSurface RTに移し、そのままSkyDriveにアップロードすることになる。だが、撮影データが127Mバイトもあったため、Windows RTのSkyDriveアプリでアップロードしようとしたところ、一回当たりの転送容量制限の100Mバイトを超えたところでエラーが発生して中断してしまった。さらに、アップロードした動画ファイル形式ではSkyDriveからの再生に対応していないため、ファイル形式を変換する必要もでてきた。

しかし、Surface RTが標準で用意するアプリでは、動画の解像度変換、ビットレート変換、そして、ファイル形式変換といった編集ができない。加えて、(後述する理由から)Windows Storeで使えるアプリを探すのも困難な状況にあるため、時間がない旅の途中ではSurface RTだけで動画をSkyDriveで共有することができなかった。

上記のような状態はちょっと特殊なような気がしますが・・・私は、動画をアップロードすることはまず考えられないので、あまり気にしなくても良いかな。ただ、SkyDrive へのファイルのアップロードは頻繁に実施しているので、記憶に残しておいても良いかもしれませんね