1月 292015
 

image前月購入した雑誌「カメラマン(2015年1月号)」に背景がぼける写真に関する記事が掲載されていました!

詳細に、どうやってレンズを選定するかを説明しているのですが、その内容に関しては、実際に雑誌を手に取って読んで頂きたいと思いますが、比較した実際に写真が掲載されていて・・・もうこれでしょ!って感触で、欲しいな~って気になっています。

結局、背景をぼかすためには、「できるだけ明るい望遠レンズ」を購入すると手っ取り早い、と理解できたのですが正しいのかな~ちょっと参考になるウェブページ「レンズを交換して「Nikon 1 V2」を楽しむ 最新の明るいレンズや手持ちのレンズ資産を活用しよう – ライブドアニュース」を掲載しておきましょう。

絞り値を開放に近づければ近づけるほど、背景を大きくぼかすことができる。つまり、明るいレンズのほうが写真表現には有利で、より被写体が浮き立つような写真を撮影することができる。
(中略)
「FXフォーマット」対応の望遠レンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」をマウントアダプタ「FT1」を介して「Nikon 1 V2」に装着すると、焦点距離は2.7倍相当の189~540mm相当の超望遠ズームレンズとして使用することができ、遠くの被写体をアップで撮影することができる。

どうやら「明るいレンズで望遠」という理解は正しいようで・・・前述の雑誌には、「Nikon 1 V2 + FT1 + AF-S NIKKOR 50mm F1.4G」という組み合わせの実際の写真が掲載されていて、これが何ともいい感じで背景がぼけています。どうやら、購入した Nikon 1 V2 の標準望遠レンズでは不十分のようで。当然、背景はぼけてくれますが、私個人が満足できるレベルではないので。

AF-S NIKKOR 50mm F1.4G マウントアダプター FT1

いつになるかはわかりませんが、将来、デジタル一眼のカメラを持つようになれば、上記のようなレンズ資産は、そのまま利用することができるし、購入して損はなさそうなのですが。

1月 182015
 

「Nikon 1 V2」で背景をぼかした写真を撮ることに注力して、いろいろとネット検索を始めました。スマートフォンである「SONY Xperia Z3 Compact」が想像以上に素晴らしい「背景がぼけた写真」を撮れることに気が付いたのですが、それでもいろいろと制約があって、デジタルカメラに回帰したような状況です。

「Nikon 1 V2」では、選択できるレンズが少ないし、将来的には通常の「デジタル一眼レフカメラ」に移行したいので、Nikon 1 用のレンズのバリエーションは増やしたくないし・・・どうしようかな~と考えながらのネット検索。

そして、今更発見した「ニコン マウントアダプター FT1」というコンバーター。これを装着すると通常の「デジタル一眼レフ」の多くのレンズが使えるようになるらしい。しかも、これまで不満のあった背景がぼける写真をレンズのバリエーションが増えたことによって、かなり選択肢が増えるようで・・・

「ニコン マウントアダプター FT1」に関しては、ウェブページ「Nikon 1用マウントアダプター「FT1」でAF-Sレンズ3本を楽しむ (1/3) – ITmedia デジカメプラス」がかなり参考になりました!以下のその参考になった部分を転載しておきます。

Nikon 1 にニコンFマウント交換レンズを装着するマウントアダプター「FT1」を組み合わせることで、レンズバリエーションを格段に増やすことが可能になる。加えて、焦点距離の延長も副次的なメリットとして挙げることもできるだろう。(中略)「CXフォーマット」を採用するNikon 1の撮像素子はAPS-Cサイズよりもさらに小さいため、レンズ装着時の焦点距離は約2.7倍となる(50ミリのレンズを装着した際には135ミリ相当となる)。

使用できるレンズは、ニコンAI以降のレンズとなっており、おまかせオート以外の一般的な露出オート撮影が可能となっている。FT1で使用できないレンズは非AIレンズ、テレコンバーター、オート接写リング、F3AF用レンズ、IX用レンズだ。ちなみに、レンズを装着していないFT1ではAEは使用できないものの「撮影」そのものは可能だった。

オートフォーカスを利用できるレンズは、レンズ内に超音波モーターが搭載されているAF-Sシリーズのみとなる。それ以外のAFレンズは、マニュアルフォーカスのみとなる。

オートフォーカスは残念な事に中央一点、AF-S(シングルAF)のみの動作となるが、AFの動作速度は比較的実用的なレベルだ。ただし、1マウントのレンズでオートフォーカスでピントが合う被写体でも、FT1ではピントが合わないことがあった。被写体には、ある程度メリハリのあるコントラストが必要なようだ。

マニュアルフォーカス時は、AIレンズを除きフォーカスエイドによるピント合わせが可能となっている(AI-Pレンズは使用可能)。フォーカスエイド以外にOKボタンを押すことで拡大表示によるピント合わせも可能となる。拡大表示は、方向キーで位置の変更とズームレバーで拡大倍率の変更が可能だ。拡大表示からシャッターボタン半押しで、通常倍率の表示に戻る。

そのほか、手ブレ補正「VR」を内蔵するレンズであればVR機能が動作する。特に約2.7倍という望遠へシフトした焦点距離となるため、VRはあった方が方が良い。

上記だけでも、かなり参考になった!

“Posted through WordPress for Android.”

1月 172015
 

【追記:2015年01月19日】
「「Nikon 1」がAF-Sレンズ使用時のコンティニュアスAFに対応 – デジカメ Watch」というウェブページを発見しました!かなり気になる内容なので、転記しておきます。以下のリストは、「ファームウェアA:Ver.1.10 / B:Ver.1.10」に関しての記述です。

  • 1 NIKKOR レンズのファームウェアのバージョンアップが正常に実行できるようになりました。
  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けたときの[フォーカスモード] について、[AF-C] (コンティニュアスAF)に対応しました。なお、本機能を使用するには、マウントアダプター FT1 が本機能に対応したバージョン Ver.1.10 である必要があります。
  • カメラと FT1 の両方をバージョンアップする場合は、先に Nikon 1 V2 のバージョンアップを行ってから マウントアダプター FT1 をバージョンアップしてください。
  • フォーカスリングを搭載した 1 NIKKOR 32mm f/1.2 に対応しました。
  • [フォーカスモード] を [MF](マニュアルフォーカス)にしたときの拡大表示について、拡大率に1倍を追加しました。
  • 撮影モードをオートモード、またはP、S、A、Mモードにして撮影しているときの電子ビューファインダーの表示が、滑らかになるよう改善しました。
  • マウントアダプター FT1 と AF-S レンズを取り付けて連続撮影しているときに、撮影画像が暗くなることがある現象を修正しました。
  • GPS ユニット GP-N100 を取り付けて、[GPS による日時合わせ] を [する] にしたときの、時刻合わせ精度を向上しました。ただし、GPSによる時刻あわせで時刻の誤差を完全になくすことは出来ません。 GP-N100 は本修正に対応したファームウェア Ver.1.02 にバージョンアップしてからお使いください。

【オリジナル投稿記事】
image 最近は、スマートフォンの「SONY Xperia Z3 Compact」のカメラ機能がとっても気楽に利用できるし、撮影からブログへの投稿までがなかなかシームレスにできるので、デジタル一眼のカメラ(と言ってもミラーレスだけど!)の登場が減ってきました。特に、「Nikon 1 V2」を購入した時に狙っていたバラやランの花の撮影で、花の写真の背景が「ぼける」様にしたいということも、「Xperia Z3」だとかなりお気に入りのショットが獲得できます!

しかし、やっぱりスマートフォンはスマートフォン。どうやら限界があるようで、ちょっと手ブレを起こすと背景がぼけないし、写真サイズも限定的のようで、やっぱり自由度に欠けているようです。

そこで、再度、「Nikon 1 V2」に立ち返って・・・背景がぼける写真を撮りたいと考えながら、何か良い方法はないかとネット検索をしていると、どうやら「Fマウントアダプターを利用して、通常のデジタル一眼用のレンズを選択して・・・」なんて事ができるようです!Nikon 1 用のレンズには選択肢が少ないので自由度に欠けてしまいますが、通常のレンズであれば、かなりの選択肢があって、背景をぼかすという作業がより鮮明にすることができそうです。

と言うことで、ニコンのウェブサイトを検索していると「あれっ!?ファームウェアのアップグレード!?」!全く基本が理解できず、どうやら「Nikon 1 V2 のファームウェアをアップグレードせよ」ってことが「 レンズ交換式アドバンストカメラ用ファームウェア – ダウンロード | ニコンイメージング」 に紹介されている!

まさかデジタルカメラでこうした作業が必要なんて全く気が付きませんでした。上記で記述されているファームウェアは、Version 1.20 となっていますが、以前には Version 1.10 がリリースされているようです。ファームウェアによって、基本的な機能を制御したり、レンズをコントロールしたりするらしく、新しいレンズを購入したら気にするべき内容があるようです。

早速、手順に従って現状のファームウェアを確認しました!

どうやら「A」、「B」、「L」、「S」の 4 つが存在しているようで、「A:1.00」、「B :1.00 」、「L :1.00 」、「S:-.–」となっていて、まったく出荷時のままの状態でした!上記のウェブページに説明されている通りにフォームウェアをアップグレード。すると 「A:1.20」、「B :1.20 」、「L :1.10 」、「S:-.–」にアップグレードされたことを確認できました。特に注意しなければならないような事項はありませんでした!

ただ、ちょっと迷ったのは「ファームウェアを SD カードのルートデレクトリーにコピーする」という部分ですが、これって、通常利用しているカメラで利用している SD カードのルートディレクトリーで良いって事に気が付きませんでした。つまり、普段利用している SD カードのルートディレクトリーにファームウェアのファイルをコピーして、カメラ側のファームウェアのバージョンアップを実施する」だけで良いこと。正に自分用の備忘録ですね!

上記から、普段からファームウェアの更新がないかを確認しておく必要がありそうですね!

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

9月 212014
 

IMG_0024.JPGバラの栽培を始めてから、開花した花の記録を撮っておきたいとデジタルカメラを購入しました。と言っても昨年ですけど。花がクローズアップされていて、背景が綺麗にボケている写真ってかっこいいな〜なんて憧れもあったりして。

しかし、なかなか上手くボケないんです!そこで、デジカメを始めてから購入している雑誌「カメラマン」を読み返していたのですが・・・あった、あった!花撮影の極意って特集が。以下、自分用のメモです。

ボケを作る4つのポイントを取り入れれば、ボケ具合を自在にコントロールできる。その「ボケを作る4つのポイントとは;

  1. 絞りを開ける!
  2. 焦点距離を長くする!
  3. 花に近づく!
  4. 花と背景が離れた場所で撮る!

最初の「絞り」とは、デジタルカメラの世界では、「F 値」のことだそうで、数値が小さくなるほど背景がボケて、数値が大きくなると背景がくっきり写る、ということ(「F値(カメラの絞り)・解放絞りとは? | モリのカメラノート」より)

上記の2番目の「焦点距離」とは、レンズにおける焦点距離のことで、「長くする」ということは、より望遠レンズが良い、ということになりそうです。これって、知りませんでした!

単純に、花に可能な限りよって撮影すれば、自然に背景がボケてくれるのかな、って思っていたので、上記はかなり参考になりました!

2月 022014
 

昨年末購入した「Nikon 1 V2」は、いろいろな利用目的があるのですが、その中でもとっても重要なのが、これから咲くであろうバラの花をアップで撮影したいというのがあります。花がクローズアップされて、背景が良い感じでボケていて・・・

今から楽しみで撮影練習をしているのですが、なかなか綺麗にぼけてくれません!花と同時に背景もしっかりと撮影されてしまう・・・下の写真は偶然撮影できた自分では最も綺麗だと感じている写真です。

20140130_karankoe2

写真には、色とか構図とかその良し悪しを決める要素があるそうですが、その前に背景がぼけてくれないと!何度かピントを修正しましたが、それでもどうして上の写真の背景がぼけてくれたのか・・・全くの偶然です!

しかし、その偶然を意図してぼかす方法があるはずなんです。それを何とか習得したいと考えていますが、基本的なカメラ用語も知らないし、know-How もないし。これからかなりの時間を掛けて勉強する必要がありそうです。

ちなみに、上記の写真は「カランコエ」というプラントです。