4月 072014
 

昨年末(2013年)、クライアントとの会議を終了して、オフィスへの帰還途中、急に歯が痛みだし、徐々に激痛が。その後、数週間に渡って痛みだとれず、結局はほとんどの忘年会をキャンセルしました。

私の歯医者嫌いは知る人ぞ知るという感じで、とっても有名ですが、何せ昨年末の激痛はこれまでにない経験でした。原因は簡単で、歯周病からの歯茎の炎症だった。歯周病があることは以前から知っていたので、さほど驚きはしませんでしたが・・・

治療は、次女の推薦もあって「ユーカリが丘デンタルクリニック」です。夜の10時まで治療をしてくれるし、土曜日や日曜日も治療してくれる。昨年末のアクシデントの時、夜遅くに治療をして頂きました。

20140405 Yukari_Dental

その後、「ユーカリが丘デンタルクリニック」の指導のもと、毎週1回は通院し、とにかく歯周病に関するメンテナンスを実施しました。つまり、ほぼ4ヶ月は通い詰めていましたが・・・2014年になって、しかもこの4月になって全く同じ激痛が・・・まだまだ治療が必要なのですが。

年齢的に多少の歯周病は仕方ないらしいのですが、友人から「虫歯をほったらかしにするからだよ!」と指摘されましたが、この指摘、実はあまり正しくありません。

私は、幼少時には周囲から「あなたの歯並びはパーフェクト!実に美しい」と敗者が指摘するくらいでした。しかし、当時、父が勤務する企業を担当する産業医から「歯並びがパーフェクト過ぎる。直ぐに全ての乳歯を抜歯した方が良い」と指摘されました。「乳歯を抜歯することなく、永久歯に生え変わると、歯並びどころかその他のいろいろな障害が発生する」と指摘されました!

上記の指摘に激怒した私の母が、おっちこっちで上記の指摘を紹介し、真実はどうなのかを複数の歯医者に聞いて回りました。今でいうセカンドオピニオンですね。中には、かなり著名な歯医者もいました。しかし、誰一人、「乳歯を抜歯すること」に同意する方がいらっしゃらなかった・・・

しかし・・・

上記の「乳歯を抜歯しないことでのいろいろな問題」が発生します!永久歯は、乳歯に比べて大きいため、抜け替わる時に永久歯が行き場をなくし、結果、全てが出てこなかった。当然ですが、いくつかの永久歯は重なって、二重になっていたし。歯並びは異常ともいえるほどぐじゃぐじゃ。

歯並びは悪ければ、当然ですが虫歯も。治療しても治療しても直ぐに再発しました。更には、虫歯だけではなく、歯茎にも相当の負担が掛かっていたそうです。だから、虫歯から歯周病へということよりも、もともと弱い歯茎だったらしい。

まさか今頃になって、乳歯の影響が出てくるとは・・・

わが母曰く・・・「あなたを育て上げた結果、2つの大きな間違いを犯したよ。一つは、食べさせ過ぎた結果、肥満を誘導したこと。もう一つは乳歯を維持したことによる歯並びの問題と種々の問題を誘導したこと」とのこと。


4月 052014
 

これまで、全く意識していなかった庭の花・・・バラ栽培を始めたのをきっかけに、注目するようになりました。「なんじゃこりゃ?」と思うような花が咲き出したので、ちょっと我妻に聞いてみると「ライラック」という花木だそうな。

20140405_rairak_01

玄関先に咲いているのですが、とにかく植木屋さんに任せっきりで、剪定なんてやったことはないし。花が咲いているなんて全く気が付きませんでした。ところが、この花、結構面白い花形をしています。

20140405_rairak_02

自宅を購入した時からあるそうですから・・・(って、購入して14年目ですが気が付きませんでした・・・)結構長い間、我が家の玄関を飾っていてくれているようですが、花付きが悪い年もあるそうです。

20140405_rairak_03

写真では解り難いかもしれませんが、淡い薄紫色で、結構香りもある花です。どうやら暑さにはあまり強くないらしいんですが、我家では、全く枯れることなく、毎年、若い葉を付けてくれているようです。


4月 012014
 

ちょっと早いかな~と考えていたのですが、シンビジウムの新芽が展開を始めているし、購入した2012年中こそ素晴らしい花が咲いていたのですが、昨年(2013年)は全く開花せずの状態だったので、大丈夫と勝手に判断しました・・・

シンビジウムは、新芽が展開始めたら施肥の時、ということを学んだのですが、桜が散るころという時期に関する記述も知っているので迷いましたが、数週間の違いであれば許容範囲かな、と考えました。

もう一つ、迷ったのがどの肥料にするかということ。「発酵油かす」というのがあっちこっちに説明されていることと、「発酵油かす」であれば、既にバラ栽培で利用しているので違和感はありませんでした。しかし、「発酵油かす」は、ちょっと虫が寄ってくる傾向があり、室内と戸外を行ったり来たりする(夜は今だに室内)シンビジウムには向かないかな、と考えて・・・最終的には、昨年購入したけど利用頻度の少なかった「ハイポネックス プロミック(シンビ・クンシラン用:150g)」を今年はまじめに施肥することにしました。

匂いは無いし、気軽に与えることができるし・・・先日購入した参考書にも記述があったし。とにかく、昨年は途中で施肥をやめてしまったので、今年こそは規定通りに施肥を実施することを目指して。


3月 292014
 

昨年だったと思いますが、我妻が購入してきたシンビジウムは、結局花が咲かず・・・

そこで、今年こそは花を咲かせてやろう!バラと並行して、真剣に育てみようと考えているランですが、やっぱりまずは書籍の購入から。ネットの情報だけでも良いのですが、やっぱり手元に参考書を置いておきたいし。

ということで購入したのが、岡田弘著「あっ咲いた!洋ランコツのコツ」(農山漁村文化協会:2006年1月)ですが・・・出版がちょっと古いかな~とも思いましたが、近所の書店ではあまりランに関する参考書がないので・・・ただ、こうした参考書類は、内容があまり変化するのもではないでしょうし。手軽に読み通せそうなものを選びました。といっても、それほど選択の余地はありませんでしたけど。

現在、じっくりと読み進めているところですが、「シンビジウムが洋ラン栽培の出発点」という記述を見つけました!ちょっと引用しておきましょう。

一般に寒さに弱いカトレアやファレノプシス(コチョウラン)に比べるとシンビジウムは栽培しやすいのですが、かえってラン栽培の基本を怠りがちになりやすく、いざ咲かせようとすると意外と難しいのです。シンビジウムをうまく咲かせることができるようになれば、冬の温度をクリアするだけで、ほとんどの洋ランを咲かせることができるといっても過言ではありません。

なるほど!

ただ、まったく今年は花を咲かせることが気でませんでしたが、本書を読んでいると「春先に新芽が発生しなければ花は咲かない」そうで、その原因は「花を長く咲かせ過ぎて、バルブが充実することができなかった」ということが言えそうです。何せ、まったく新芽が出ませんでしたから!

しかし、今年、今の季節に新芽が発生しています!こりゃ、ちょっと期待できそうですね~


3月 272014
 

会社支給のスマートフォンが iPhone 4 から 5s へ機種変更。所属する会社のアプリも変更になって、かなり使い易くなりました!メールもカレンダーも連絡先も、自分の満足できるレベルに達したような気がします。これまで多くの会社を渡り歩いてきましたが、最も満足のいくレベルに達してきている!

一方、自分用に所有しているスマートフォン・・・OS が Android 4.0 から 4.1 にアップグレード。こちらも、かなり安定した動作になり、会社支給の iPhone よりも使い慣れている分、満足感が高くなってきました。

しかし・・・

iPhone は Softbank、Android は Docomo なのですが、どちらの機種も、自宅では電波状態が気に入らない!Softbank はどうやら基地局の谷間に自宅があるらしく、データ通信が安定しません。まっ、ネットワークに接続してしまえば、全く問題がないので文句はないのですが。

Docomo もどうやら基地局の谷間のようで、こちらもかなり安定せず!そして・・・Android 4.0 から 4.1 になったら、電波状態を表示する記号が、「LTE」だったり「H」だったり・・・何だ、この「H」って?初めて見る!海外で利用するときには「3G」ってのはもたことがあるけど・・・

ネットを調べると・・・あった!

3G:通常のFOMエリアのことです。
H:FOMAエリアのなかでも FOMA High Speed エリアと呼ばれ、通常の FOMA よりも高速なエリアです。
LTE:次世代通信Xiに対応したエリアで最近サービスインしたのでエリアは今後拡大します。

自宅では・・・「FOMA High Speed」ってこと・・・「LTE」で電波マーク 1 本という状態と「H」で電波ーマークが 3 本とを行ったり来たり。どっちが良いのか理解に困りますが、どちらにしても、「LTE」電波マーク 3 本、十いう状態には程遠いようです。

それにしても、Softbank も DSocomo も、自宅内の部屋の場所によって電波状態が違うっていうのはどうよ???