1月 172014
 

ブログに限らず、ウェブデザインで重要と考えられるのは、やっぱりその配色ではないでしょうか。素人の私が主張することではないのですが、それでも配色には結構神経を使います。

実は、私、色覚異常なので・・・正式名は「第二種赤緑色覚異常」というらしい(発覚した時に診断された名称です)。日常生活には支障はないのですが、ウェブサイトは、配色によって通常の方よりも「ちかちか」したり、文字がかなり見辛かったり。特に赤と緑の配色は NG です。

そこで、本ブログでは青系色にすることにしたのですが、これまでに適用したことのない「Royal Blue」ってのを基準にしようかな、と決意しました(いつもながら大袈裟です!)。

ウェブのデザイン、特に配色の決定を助けてくれるサイトは多いのですが、私は「Color Hex Color Codes」というウェブサービスを使って、「Royal Blue」で検索して提案してくれる配色を適用することにしました。

検索フォームから「Royal Blue」で検索すると・・・以下のような結果を表示してくれます。

20140117_ColorHex

「Royal Blue」は、コードにすると「#4169e1」で、同系色は段々濃くなる時と薄くなる時とに分けて提案してくれるし、ちょっとしたウェブのサンプルも示してくれます。

以下、自分の忘備録として、配色として提案されたコードを表示しておきます。

Shades of #4169e1
#4169e1 #3a5eca #3454b4 #2d499d #273f87 #203470 #1a2a5a #131f43 #0d152d #060a16 #000000
#4169e1 #3a5eca #3454b4 #2d499d #273f87 #203470 #1a2a5a #131f43 #0d152d #060a16 #000000
Tints of #4169e1
#4169e1 #5478e4 #6687e7 #7a96ea #8da5ed #a0b4f0 #b3c3f3 #c6d2f6 #d9e1f9 #ecf0fc #ffffff
#4169e1 #5478e4 #6687e7 #7a96ea #8da5ed #a0b4f0 #b3c3f3 #c6d2f6 #d9e1f9 #ecf0fc #ffffff
1月 092014
 

ウェブサービス「TECH-UNLINiTED:特殊文字変換ツール」を利用すると、それこそ「HTML特殊文字」を一発で表示してくれます。

tech-unlimited

私のような素人には、こうしたウェブサービスが無料で提供されていることに本当に感動します。本当に無料で良いのか、と最初は疑ってしまったほど。

利用の仕方は本当に簡単で、単純に「HTML特殊文字」に変換したい文章や文字を入力して、変換ボタンをクリックするだけ。私は、PHPコードを丸ごとコピーして、変換することでPHPコードを紹介する様にしています。ってか、自分用の備忘録としてですけど。