1月 272015
 

錦織圭選手が「全米オープン 2014」で準優勝し、世界ランキング 5 位になったことでテニス観戦をするテニス経験がない方々が増加の一途だとか!嬉しいですね~我が家の次女がかなり真剣にテニスをやっていたこともあって、以前からかなり注目しているテニスなのですが・・・

錦織効果もあって、仕事仲間や友人もテニスを語ることが多くなってきました!しかし、「テニスって、試合途中でどっちがリードしているのか分からないんだよね~」という話をよく聞きます。次女がテニスをやっていたにも拘らず、我が家の長女もまったく同じ意見!どうしてなんでしょう?

実は、テニスの得点は、3階層方式になっている!から、と私は考えています。3階層とは、ポイント、ゲーム、セットの3階層。これがテニス観戦を難しくしています。

人気の野球は、9回の攻防があって、その合計得点で勝敗が決まる。サッカーは、前後半ありその合計点で決まる。つまり、試合途中での点数の状況は、単純に合計点で判断できます。ゴルフも単純に合計ストロークで試合の経過は判断できますよね。しかし、テニスは、そうではないんです。

試合は、ポイントを重ねていく必要があります。このポイントも「Love、15、30、40」と何やら連続性のないポイントを重ねていきます。ポイントで 40-40 というスコアになるとジュースとなって、2連続でポイントを重ねて初めてゲームポイントを獲得できます。つまり、40-0 というスコアで次もポイントを獲得すると初めてゲームポイントを獲得できるのです。つまり、1-0 となる!ゲームが動いたところでポイントが 0-0 で次のゲームが始まる、ということになります。

ゲームは、6ゲームを先取したほうがセットを獲得します。つまり、6-0、6-1、6-2・・・といったゲームスコアで初めてセット獲得になります。ところが、6-5 といったスコアでセットを獲得することがなく、5-5 といったゲームになるとタイブレイクというスコア方式になり、7-5 または 7-6 でセット獲得となります。ただ、ゲームが 6-6 になると、別のスコア方式があったり・・・

こうして、ポイントを重ね、ゲーム獲得を重ね、セット獲得を目指す。通常、2セットを先に獲得した選手が勝者なのですが、3セットを先取する必要がある大会(全米オープンとか全豪オープンとかの大きな大会の男子)もある。

そして・・・最終的には「セットを先取した選手が勝者」なのです。難しいですよね~点数のシステムをもっと簡単にしないと、素人には本当に難しいスポーツになってします。バレーボールやバスケットボールなんかは、人気回復のために点数システムを変更したんだから、テニスも改善できないものでしょうかね~

1月 212015
 

先週のシンガポールの出張中に決まったアメリカ出張。昔は、こうしたハードスケジュールは当たり前でしたが、最近はなかったのでちょっとビックリでしたが。出張先は「San Diego, CA, USA」です。長い社会人生活の中で、何と San Diego への出張は初めて。何度か確認しましたが(メモ帳とか)どこにも記載がないし、記憶にもありません。

ちょっと意外でした!

空港に到着するととにかく冬とは思えない気温にがっかり!ただ、後程、その日はたまたま暑かったそうで、通常は12~15度程度だそうです。あくまでもタクシー運転手のコメントですが。宿泊は「Hilton San Diego Bayfront」です。喫煙ルームがありません。というか今のアメリカ、喫煙ルームはないと考えていたほうがいいでしょう。

部屋の窓から見える景観をパシャリ!Bayfront という名前からも想像できるように海の横に位置しています。ヨットハーバーがとっても似合うな~なんて感じました。そして・・・個人的に気候や街並み等々、San Diego が好きかも!

20150122_san_diego

Bayfront と言いながら、部屋からは街並みも直ぐに見えます。

20150122_san_diego_2

San Diego へは、2015年1月現在、JAL が直行便を運航しているようですが、私は、デルタ航空で「成田、ロサンゼルス、サンディエゴ」と乗り継いで到着しました。ロサンゼルスのトランジットは、荷物検査に時間が掛かり、かなりイラッとしましたが、何とか乗り越えて・・・ちなみに、サンディエゴ空港は、ほとんど何もない(店、レストラン、両替所等々)ので、注意が必要です。今回の出張では、日中に到着したので、助かりましたが夜の到着だったら、かなり寂しいのでは、と思われる空港でした。

出張後、ちょっと個人的にプライベートで行ってみたい場所かもしれません・・・

1月 122015
 

久し振りの海外出張はシンガポールでした!シンガポールは、もう数え切れないほど行っている国の一つなので、特に記述することはありませんが、今回初めて宿泊した「Marina Mandarin Singapore」に関して。

宿泊に「Marina Mandarin Singapore」を選んだ理由は簡単で、喫煙ルームが空いていたからなのですが、最近は喫煙者にとっては、こうした部屋の提供は嬉しいですね~ただ、喫煙ルームは、低層階に位置していて景観は残念ながら無惨でした。通常、シンガポールのホテルは夜景が素晴らしいはずなのですが、喫煙ルームからはビルしか見えません!

喫煙ルームがあることに加えて、全くの自己満足ですが、以下のようなメリットがありました!

  • 無線 LAN が使い放題!
  • 部屋が想像以上に広い!
  • レストランは、中華やアメリカン等、各種揃っている!
  • エントランスは1階にあり、フロントが4階なので、フロント階が混雑することがない(はず!)
  • あちらこちらにコチョウランが飾ってある!

まっ、上記に関連して、写真をアップロードしておきます。1階のエントランスから!

image
1階のエントランスを入って、宿泊客用のエレベーターのところにまずはコチョウランが迎えてくれました!この様なコチョウランがあっちこっちに飾られています。通常は気が付かないのかもしれませんが、私個人としては気になるコチョウランでした!

image
喫煙ルームのある7階から下層階を見下ろすと大きなレストランが見えます。こうした吹き抜けのような構造は、Mandarin と名の付くホテルでは共通のものですね!

image
仕事がある「Marina Bay Sands」までは、ちょっと徒歩で行くには厳しいのですが(と言っても徒歩20分ほどです!)、なかなか好感のもてるホテルでした。
“Posted through WordPress for Android.”

12月 242014
 

毎年、今の時期になると新しい手帳に乗り換えますが、最近は全く迷うことなく「トラベラーズノート」です。情報システムをメインの仕事にしていますが、それでもアナログの手帳は、やっぱり手放せない私です。

image

以前は、いわゆるシステム手帳(バイブルサイズ)を長年愛用していたのですが、10年以上も利用した所で、愛用していたものが壊れて・・・新しいシステム手帳を購入したのですが、使用して6ヶ月目で再度壊れた!

「やっぱり壊れるんだな~」と感じてもっとシンプルで利用し易いものに、と考えて見つけたのが「トラベラーズノート」でした。

A4 サイズの用紙を 3 つ折りにしたサイズは、意外に利用し易かったことと、絶対に外せないバーティカルのスケジュールがお気に入りです。

以前の手帳を整理すると、この「トラベラーズノート」は2010年から使用を開始していますのから、丁度5年を経過したことになるようです。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

11月 292014
 

整形外科での診断は「首のヘルニア」でした。

1週間前から首に違和感があって、数日後には肩胛骨の周辺が痛み出し、更に腕に痛みが拡大し、そして痺れが。鞄も持てないほどの激痛も伴うようになって。

そんな状況で診察を受けた整形外科での診断が「典型的な首のヘルニア」でした。治療は牽引という首を吊す方法。待ち時間が長いのに治療そのものはたったの10分!

「こんな治療で治るはずがない。やっぱり整形外科じゃダメじゃん」との想いから、以前、腰痛で次女の薦めで門を叩いた地元にある 「セドナ整骨院・鍼灸院」でした。

image

まずは、電話で「整形外科で首のヘルニアと診断されたのですが」と相談。一度、診せてくれないかとの回答で、夕刻診察時間終了間際に滑り込みました。

まずは状況把握として触診。整形外科と全く同じ触診なのでちょっと不安。何せ整形外科では治らない、と思っての通院ですから、同じ方法というのが不安感を増大させる!

セドナの医師から「整形外科では薬が処方されましたか?」と問われ、「はい」と回答すると続けて薬の種類を言い当てていきました。これにはちょっとビックリ。ちょっと期待。ところが・・・

「以前、腰痛の時にも説明しましたが、体の歪みが酷いところで、長年の放置とともにその歪みにあわせて筋肉が発達してしまっているので、どこかに負担が出ます。今回は、首から出ている神経が圧迫されていて痛みや痺れが出ていると思われます。首のヘルニアの場合、手の感触が無くなったり、頭痛や目眩、最悪、吐き気が出るようなことがあるはずですが、そこまでは酷くなさそうですからヘルニアと言うよりも、体の歪みからくる神経系統の圧迫による痛み、と言った方が良いかもしれませんね!」

概ねそんなことを指摘されました。

入念なマッサージ、保温、再度マッサージ。最後には電気療法で終わり。「マッサージ」と言うと簡単に聞こえますが、私のような巨漢の体を持ち上げたり、引っ張ったり、曲げたり、捻ったり。それこそ「体の歪み」を修正するための説明が加えられながら丁寧にマッサージが施されました。

「明日も来て下さいね!それから、今日はもう手首を使うような仕事や遊びは止めて下さいね。ゲームとかコンピューターとか。安静にして冷やさないこと」と説明を受けて帰宅。

そして一日が経過・・・全く痛みが無くなったわけではありませんが、整形外科へ通院していたときよりも格段に調子が良い!何と言っても、痛みの程度が激減している!!!

もう「セドナ整骨院・鍼灸院」は私にとっては無くてはならない病院という存在です。

整骨院とか鍼灸院は、保険が効かないとか、無免許でやっているとか、まやかしとか、いろいろな評判があるようですし、実際にそうした医院もあるようですが、セドナは「保険治療」を望めば、それに従って治療をしてくれるし、保険が効かない治療(鍼灸やカイロプラクティス等)だとしても価格は納得できるものですから安心です!

私個人の経験から・・・
中学生の時に、バスケットボールの試合中に、シュートの途中でファール(反則)を受けて、腰から床に落下。腰を強打してから2週間近くも腰痛に悩まされていました!整形外科へ通っていましたが、全く治る気配がなく、いくつか整形外科の病院を渡り歩いた記憶があります。

そんな状況を救ってくれたのが、当時、地元では良く効くが高額と評判の高かった整骨・鍼灸院でした。

藁をも掴む想いで、門を叩き、歩くのも大変だった腰痛が、治療が終わると全く痛みがなくなっている・・・更に通常通りの歩行。それどころかバスケットボールの練習に参加するという驚異の経験がある。

そんな昔の経験から、筋肉痛や腰痛等々の治療は整骨・鍼灸院へ行くのが当たり前になっていましたから、整骨院・鍼灸院へ行く事自体抵抗がなかったのですが。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.