1月 312015
 

昨年(2014年)の経験を活かして、バラやランの栽培に関していろいろと試行錯誤していますが、先ずは、もう直ぐ必要となるランに関する「鉢替え」や「鉢増し」を前提にいろいろと「鉢」に関して情報を収集しています。

ランに関しては、やたらと大きい鉢を準備するのではなく、小さめの鉢を準備する必要があることは理解できましたが、室内に入れることを考えると、その外観を考える必要がありそうです。素焼きの鉢は、春先から秋口まで屋外で育成すると、想像以上にコケの付着が進み、見栄えが悪いし、何よりもかなり激しく洗ってもなかなか綺麗になってくれず、鉢が多くなるとかなり困難な作業になります。

そこで、化粧鉢やプラスティック鉢、その他に陶器鉢等いろいろと検討しています。そうした中、いろいろなサイズの鉢があり(当たり前か〜)、ちょっと標準の鉢とは形状が異なるものもあることが解ります。

そこで、まずは標準的な形状の素焼き鉢のサイズをしっかりと理解している必要がありそうです。肥料を与えるにしても重要な事項になりますから!以下はウェブページ「フジ園芸::すやき鉢サイズ」を参考にしました!

素焼き鉢の標準的なサイズ
種類 開口部(外径) 高さ
2号 約68mm 約61mm
2.5号 約78mm 約69mm
3号 約94mm 約83mm
3.5号 約109mm 約96mm
4号 約124mm 約110mm
4.5号 約140mm 約125mm
5号 約158mm 約140mm
6号 約190mm 約166mm
7号 約225mm 約200mm
8号 約255mm 約225mm
9号 約300mm 約245mm
10号 約330mm 約270mm

鉢には、深鉢とか浅鉢とかがあって、サイズは一概に言えないのですが、それでも上記の標準的な鉢のサイズ一覧は、いろいろと参考になります。

ランに関して、昨年の大失敗は「バーク材とプラスティック鉢のコンビネーションはとっても軽い」ため、窓を開けていた状態で、強風で鉢が飛んでしまった!ランに関しては、小さめの鉢にするので、特に「軽い」ので、強風に関しては、要注意なのです。

今年は、上記のような失敗がないように、ちょっと重めの化粧鉢に植え替えを実施しようと考えています。既に、「バーク材 + プラスティック鉢」に植え替えてしまった株もありますが、これから実施する中輪系や小輪系のコチョウランやデンファレの鉢替えは、まだまだ検討できるレベルなので、熟慮する必要がありそうです。


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)