1月 312015
 

昨年(2014年)の経験を活かして、バラやランの栽培に関していろいろと試行錯誤していますが、先ずは、もう直ぐ必要となるランに関する「鉢替え」や「鉢増し」を前提にいろいろと「鉢」に関して情報を収集しています。

ランに関しては、やたらと大きい鉢を準備するのではなく、小さめの鉢を準備する必要があることは理解できましたが、室内に入れることを考えると、その外観を考える必要がありそうです。素焼きの鉢は、春先から秋口まで屋外で育成すると、想像以上にコケの付着が進み、見栄えが悪いし、何よりもかなり激しく洗ってもなかなか綺麗になってくれず、鉢が多くなるとかなり困難な作業になります。

そこで、化粧鉢やプラスティック鉢、その他に陶器鉢等いろいろと検討しています。そうした中、いろいろなサイズの鉢があり(当たり前か〜)、ちょっと標準の鉢とは形状が異なるものもあることが解ります。

そこで、まずは標準的な形状の素焼き鉢のサイズをしっかりと理解している必要がありそうです。肥料を与えるにしても重要な事項になりますから!以下はウェブページ「フジ園芸::すやき鉢サイズ」を参考にしました!

素焼き鉢の標準的なサイズ
種類 開口部(外径) 高さ
2号 約68mm 約61mm
2.5号 約78mm 約69mm
3号 約94mm 約83mm
3.5号 約109mm 約96mm
4号 約124mm 約110mm
4.5号 約140mm 約125mm
5号 約158mm 約140mm
6号 約190mm 約166mm
7号 約225mm 約200mm
8号 約255mm 約225mm
9号 約300mm 約245mm
10号 約330mm 約270mm

鉢には、深鉢とか浅鉢とかがあって、サイズは一概に言えないのですが、それでも上記の標準的な鉢のサイズ一覧は、いろいろと参考になります。

ランに関して、昨年の大失敗は「バーク材とプラスティック鉢のコンビネーションはとっても軽い」ため、窓を開けていた状態で、強風で鉢が飛んでしまった!ランに関しては、小さめの鉢にするので、特に「軽い」ので、強風に関しては、要注意なのです。

今年は、上記のような失敗がないように、ちょっと重めの化粧鉢に植え替えを実施しようと考えています。既に、「バーク材 + プラスティック鉢」に植え替えてしまった株もありますが、これから実施する中輪系や小輪系のコチョウランやデンファレの鉢替えは、まだまだ検討できるレベルなので、熟慮する必要がありそうです。

1月 302015
 

image久し振りの大阪出張。それ自体は問題ないのですが、大阪からの帰路の日は「大雪の予報」が出ていました!大雪と言えば、昨年の記録的な大雪が思い出されます(本ブログの投稿記事「記録的な大雪でバラの剪定ができない!」を参照)。

昨年の大雪で、当然ですが雪かきをしたり、雪下ろしをしたりと大忙しだったことを思い出しますが、そんなときの道具が足りませんでした。シャベルは割れてしまうし、車に積もった雪を下す時には素手でやったり・・・結構大変だった!ただ、関東ですからそんな日はめったにありません。数日のことであれば、十分に対応できる。

ところが・・・「雪の予報」が全くの空振りで(と言っても、横浜では雪が積もっていたし、東京でも一部では雪が積もったらしい)、新幹線も広島と横浜での積雪の影響で東京着が1分ほど遅れましたが、ほとんど影響なし。自宅へ向かいました。

自宅へ到着・・・そこで目にしたのは・・・大型のシャベルが2本、車の雪下ろし用のシャベルが1本、更には大型の長靴・・・ちょっと雪国じゃないの、と思われるほどの真新しい道具のオンパレード。

「雪、降らないじゃん!」とちょっと機嫌が悪い我妻。「去年、準備が遅れたからね~今回は万全なのに!」と説明してくれましたが、ちょっと行き過ぎのような気もしますが。昨年の大雪は「記録的な大雪」であって、雪が降れば、いつもそこまで降ることはないのですが。雪は降ってからでは遅い、との判断での準備ですから、ここは良しとするしかないのですが・・・

それにしても・・・大げさなような気がする私でした・・・

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

1月 292015
 

image前月購入した雑誌「カメラマン(2015年1月号)」に背景がぼける写真に関する記事が掲載されていました!

詳細に、どうやってレンズを選定するかを説明しているのですが、その内容に関しては、実際に雑誌を手に取って読んで頂きたいと思いますが、比較した実際に写真が掲載されていて・・・もうこれでしょ!って感触で、欲しいな~って気になっています。

結局、背景をぼかすためには、「できるだけ明るい望遠レンズ」を購入すると手っ取り早い、と理解できたのですが正しいのかな~ちょっと参考になるウェブページ「レンズを交換して「Nikon 1 V2」を楽しむ 最新の明るいレンズや手持ちのレンズ資産を活用しよう – ライブドアニュース」を掲載しておきましょう。

絞り値を開放に近づければ近づけるほど、背景を大きくぼかすことができる。つまり、明るいレンズのほうが写真表現には有利で、より被写体が浮き立つような写真を撮影することができる。
(中略)
「FXフォーマット」対応の望遠レンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR」をマウントアダプタ「FT1」を介して「Nikon 1 V2」に装着すると、焦点距離は2.7倍相当の189~540mm相当の超望遠ズームレンズとして使用することができ、遠くの被写体をアップで撮影することができる。

どうやら「明るいレンズで望遠」という理解は正しいようで・・・前述の雑誌には、「Nikon 1 V2 + FT1 + AF-S NIKKOR 50mm F1.4G」という組み合わせの実際の写真が掲載されていて、これが何ともいい感じで背景がぼけています。どうやら、購入した Nikon 1 V2 の標準望遠レンズでは不十分のようで。当然、背景はぼけてくれますが、私個人が満足できるレベルではないので。

AF-S NIKKOR 50mm F1.4G マウントアダプター FT1

いつになるかはわかりませんが、将来、デジタル一眼のカメラを持つようになれば、上記のようなレンズ資産は、そのまま利用することができるし、購入して損はなさそうなのですが。

1月 282015
 

20150125_LB-210アメリカ留学中の次女が「Surface Pro 3」を購入したので、それまで利用していた「Mouse Computer LB-S210 シリーズ」というモバイル PC が必要なくなった・・・ということで、お下がりとしてもらいました!正確には「Mouse Computer LB-S210XR(レッド)」というモデル。

基本的には、私はこれまで「Surface RT」を利用していたのですが、最近の動作の遅さにはフラストレーションがあり、新規で購入しようかな、とも考えていたのですが、次女の「LB-S210 シリーズ」が、自宅で利用するには十分なので、こちらを利用することにしました。

発売当時の紹介ウェブページ「マウスコンピューター、Core i7搭載にも対応した11.6型ワイド液晶搭載モバイルノート – ITmedia PC USER」がありましたので、ちょっと引用しておきましょう(シリーズ表記を所有しているモデルに編集しています)

マウスコンピューターは(2011年)9月29日、11.6型ワイド液晶を内蔵するモバイルノートPC「LB-S210」シリーズを発表。標準構成価格はCeleron搭載の最下位モデルが3万9900円~Core i7/SSD搭載の最上位モデルが7万9800円(税込み)。

LB-S210シリーズは、1366×768ドット表示をサポートした11.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵するモバイルノートPCで、Core i7-2640M搭載モデル。それぞれ筐体カラーをレッド/ブルー/シルバーの3色から選ぶことも可能だ。

メモリは8Gバイト、ストレージは500GバイトHDD(光学ドライブは非搭載)。130万画素Webカメラ、IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 3.0+HSも利用できる。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版だ。

バッテリー駆動時間は約5.3時間。本体サイズは288(幅)×195(奥行き)×36(高さ)ミリ、重量は約1.5キロ。

Windows 8 ではなく Windows 7 ですが、所属する会社の OS も Windows 7 ですし、タッチパネルを利用することもほとんどありませんから、上記のようなスペックで十分です。嬉しいのは、USB 3.0 を搭載、SD カードスロットがあるので、メディアを直接させばいい!Intel Core i7 で 8GB メモリーは、まだまだ現役で仕事をすることができます。

これまで、「Surface RT」でしたので、アプリケーションも限られていましたが、自由度が増しました!

1月 272015
 

錦織圭選手が「全米オープン 2014」で準優勝し、世界ランキング 5 位になったことでテニス観戦をするテニス経験がない方々が増加の一途だとか!嬉しいですね~我が家の次女がかなり真剣にテニスをやっていたこともあって、以前からかなり注目しているテニスなのですが・・・

錦織効果もあって、仕事仲間や友人もテニスを語ることが多くなってきました!しかし、「テニスって、試合途中でどっちがリードしているのか分からないんだよね~」という話をよく聞きます。次女がテニスをやっていたにも拘らず、我が家の長女もまったく同じ意見!どうしてなんでしょう?

実は、テニスの得点は、3階層方式になっている!から、と私は考えています。3階層とは、ポイント、ゲーム、セットの3階層。これがテニス観戦を難しくしています。

人気の野球は、9回の攻防があって、その合計得点で勝敗が決まる。サッカーは、前後半ありその合計点で決まる。つまり、試合途中での点数の状況は、単純に合計点で判断できます。ゴルフも単純に合計ストロークで試合の経過は判断できますよね。しかし、テニスは、そうではないんです。

試合は、ポイントを重ねていく必要があります。このポイントも「Love、15、30、40」と何やら連続性のないポイントを重ねていきます。ポイントで 40-40 というスコアになるとジュースとなって、2連続でポイントを重ねて初めてゲームポイントを獲得できます。つまり、40-0 というスコアで次もポイントを獲得すると初めてゲームポイントを獲得できるのです。つまり、1-0 となる!ゲームが動いたところでポイントが 0-0 で次のゲームが始まる、ということになります。

ゲームは、6ゲームを先取したほうがセットを獲得します。つまり、6-0、6-1、6-2・・・といったゲームスコアで初めてセット獲得になります。ところが、6-5 といったスコアでセットを獲得することがなく、5-5 といったゲームになるとタイブレイクというスコア方式になり、7-5 または 7-6 でセット獲得となります。ただ、ゲームが 6-6 になると、別のスコア方式があったり・・・

こうして、ポイントを重ね、ゲーム獲得を重ね、セット獲得を目指す。通常、2セットを先に獲得した選手が勝者なのですが、3セットを先取する必要がある大会(全米オープンとか全豪オープンとかの大きな大会の男子)もある。

そして・・・最終的には「セットを先取した選手が勝者」なのです。難しいですよね~点数のシステムをもっと簡単にしないと、素人には本当に難しいスポーツになってします。バレーボールやバスケットボールなんかは、人気回復のために点数システムを変更したんだから、テニスも改善できないものでしょうかね~