12月 232014
 

不調続きと思っていたシンビジウムに花芽が出てきたようなので、俄然やる気が出てきたシンビジウム!他のランも素晴らしいとは思うのですが、やっぱり初めて我が家にやってきたシンビジウムには、ちょっとした拘りがあります。しかも1株しかないし!

また、年末から園芸店やホームセンターに並ぶシンビジウムは、やっぱり素晴らしいな~と眺めています。そこで、シンビジウムの開花株の購入時の注意点をリストしておきます。

内容は、原点に返って、最初に購入した参考書である岡田弘著「あっ咲いた!洋ランコツのコツ」(農山漁村文化協会:2006年1月)からリストします。

  • 咲いている花にとらわれないこと
  • 株元を見て、バルブが太っていてしわが少ないこと!
  • できれば、新芽(葉芽)が発生いること!

上記は、参考書に記載されている内容です。シンビジウムは、2~4月に新芽(葉芽)を出させて、それを1年間でどれだけ充実させるかが勝負ですから、年末年始に購入して、もったいなくても1月末までには花茎を切り、バルブを大きく成長させる必要があります。

上記の他に、他のラン栽培での経験から、以下の事項を加えておきます。

  • 大きな株を選ぶこと!(小さいものは、寒さに強いと言われますが、経験的には害虫の被害に遭いやすい感があります)
  • 葉に異変がないこと!(葉焼けや虫食いは直ぐに発見できますが、白っぽく変色しているものも避ける)

当然、見事な花が気になってしまいますが、上記のリストに記載した事項は、花の咲き具合よりも優先すべき内容だと考えています。

ランに限らず、全ての植物は、購入時の開花状態よりも、年々咲かせることを前提にしないと、せっかくのガーデニングが無駄になってしまいますから。

“Posted through WordPress for Android.”


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)