11月 292014
 

整形外科での診断は「首のヘルニア」でした。

1週間前から首に違和感があって、数日後には肩胛骨の周辺が痛み出し、更に腕に痛みが拡大し、そして痺れが。鞄も持てないほどの激痛も伴うようになって。

そんな状況で診察を受けた整形外科での診断が「典型的な首のヘルニア」でした。治療は牽引という首を吊す方法。待ち時間が長いのに治療そのものはたったの10分!

「こんな治療で治るはずがない。やっぱり整形外科じゃダメじゃん」との想いから、以前、腰痛で次女の薦めで門を叩いた地元にある 「セドナ整骨院・鍼灸院」でした。

image

まずは、電話で「整形外科で首のヘルニアと診断されたのですが」と相談。一度、診せてくれないかとの回答で、夕刻診察時間終了間際に滑り込みました。

まずは状況把握として触診。整形外科と全く同じ触診なのでちょっと不安。何せ整形外科では治らない、と思っての通院ですから、同じ方法というのが不安感を増大させる!

セドナの医師から「整形外科では薬が処方されましたか?」と問われ、「はい」と回答すると続けて薬の種類を言い当てていきました。これにはちょっとビックリ。ちょっと期待。ところが・・・

「以前、腰痛の時にも説明しましたが、体の歪みが酷いところで、長年の放置とともにその歪みにあわせて筋肉が発達してしまっているので、どこかに負担が出ます。今回は、首から出ている神経が圧迫されていて痛みや痺れが出ていると思われます。首のヘルニアの場合、手の感触が無くなったり、頭痛や目眩、最悪、吐き気が出るようなことがあるはずですが、そこまでは酷くなさそうですからヘルニアと言うよりも、体の歪みからくる神経系統の圧迫による痛み、と言った方が良いかもしれませんね!」

概ねそんなことを指摘されました。

入念なマッサージ、保温、再度マッサージ。最後には電気療法で終わり。「マッサージ」と言うと簡単に聞こえますが、私のような巨漢の体を持ち上げたり、引っ張ったり、曲げたり、捻ったり。それこそ「体の歪み」を修正するための説明が加えられながら丁寧にマッサージが施されました。

「明日も来て下さいね!それから、今日はもう手首を使うような仕事や遊びは止めて下さいね。ゲームとかコンピューターとか。安静にして冷やさないこと」と説明を受けて帰宅。

そして一日が経過・・・全く痛みが無くなったわけではありませんが、整形外科へ通院していたときよりも格段に調子が良い!何と言っても、痛みの程度が激減している!!!

もう「セドナ整骨院・鍼灸院」は私にとっては無くてはならない病院という存在です。

整骨院とか鍼灸院は、保険が効かないとか、無免許でやっているとか、まやかしとか、いろいろな評判があるようですし、実際にそうした医院もあるようですが、セドナは「保険治療」を望めば、それに従って治療をしてくれるし、保険が効かない治療(鍼灸やカイロプラクティス等)だとしても価格は納得できるものですから安心です!

私個人の経験から・・・
中学生の時に、バスケットボールの試合中に、シュートの途中でファール(反則)を受けて、腰から床に落下。腰を強打してから2週間近くも腰痛に悩まされていました!整形外科へ通っていましたが、全く治る気配がなく、いくつか整形外科の病院を渡り歩いた記憶があります。

そんな状況を救ってくれたのが、当時、地元では良く効くが高額と評判の高かった整骨・鍼灸院でした。

藁をも掴む想いで、門を叩き、歩くのも大変だった腰痛が、治療が終わると全く痛みがなくなっている・・・更に通常通りの歩行。それどころかバスケットボールの練習に参加するという驚異の経験がある。

そんな昔の経験から、筋肉痛や腰痛等々の治療は整骨・鍼灸院へ行くのが当たり前になっていましたから、整骨院・鍼灸院へ行く事自体抵抗がなかったのですが。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)