11月 252014
 

バラ栽培という視点では、2014年も大詰め。バラは休眠期に入って、今年も終わるのでしょうね。

毎年重要な作業として、冬の選定というのがありますが、参考書 ( 鈴木満男著「よく咲く鉢バラの育て方」(主婦の友社:2013年10月)) によっては、12月に予備選定、1、2月には本選定と言ったやり方もあるようです。とにかく重要なのが冬選定で、これを間違ってしまうと、来年1年間は諦める必要があるようですから、とっても重要です。ただ、上手くいかないんですよね~

まずは、何はともあれ、冬選定の目的からおさらいします。

  1. 古い枝を切ることで新しい枝の発生を促し、株を若返らすこと。
  2. 枝数を制限することで花を大きくりっはに咲かせること。
  3. 不要な枝を切ることで株の内部に日が当たり、病害虫の被害を少なくすること。
  4. 延びすぎた株をコンパクトに整えること。

参考書には上記のような記述があります。我が家のバラをみると、間延びしてしまっている枝が多いバラが目立っているので「コンパクト」とは言えず、それだけでも冬の剪定が必要な気がしています。

剪定の時期は、芽が動き出す2月上旬がベストで、私が所有するハイブリット・ティーやフロリバンダといった品種は;

  1. 枝の中心に向かって伸びているふところ枝は、通風を悪くするので付け根から切る。
  2. 枯れ枝、痛んだ枝、古枝、短小枝を切る。
  3. 1/2 ほどの高さに切る。

簡単に言ってしまえば、上記の通りでしょうけど、経験からなかなか 1/2 で切り落とすことができません!せっかくここまで成長したのにな~なんて情け心がでてしまって。

今回はやるぞ~ばっさりと!

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)