11月 022014
 

私を「バラ栽培」と「ラン栽培」に暴走させるきっかけになったシンビジウムなのですが、参考書によればそろそろ花芽が出てきても良さそうな時期になってきたんですが。全くその気配がありません!その前に確認できるはずのバルブが太ってきて良いはずですがそれもありません。9月くらいまでの新しい葉芽がどんどん成長してくれるところまでは順調だったのですが・・・

バルブが太る気配がありません!

2012年のクリスマス近辺で我妻が購入してきたシンビジウムで、昨年(2013年)は全く花を付けませんでした。昨年は原因は簡単で、花を長期に渡って(結局は枯れ落ちるまで)ほったらかしにしてしまって、育成のスタートが完全に遅れてしまった。だからこそ、今年(2014年)は、早め早めに注意すべき事は実施してきたのですが、また不調の兆しが。葉はしっかりしてるんだけどな~根腐れしている様子はないし。

ちょっと気になるのは、肥料が正しかったかが判断できないことと、春に強風で何度も鉢が倒れてしまって、何度何度もこぼれた土を入れ替えてしまったこと。それでも葉芽は成長してくれていたのですが。

唯一の望みは、「無加温栽培の場合、花の最盛期は3月から」という記述がある参考書があり、それを今はひたすら信じることしかできません!そんなシンビジウムを本日、屋外から室内へと取り込みました!

“Posted through WordPress for Android.”


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)