10月 142014
 

バラ栽培において、最も拘ったのは「土」でした!って、結構当たり前かもしれませんが、意外と難しくて、単純に市販されている培養土を利用することを避けてきました。

理由は簡単で、何が混合されているかで、乾燥度合いも違ってくるだろうし、肥料だって違ってくるだろうと信じていたからです。そこで、いろいろな書籍を読み漁って、自分流の「土」を作って、利用しています!以前は、腐葉土や発酵馬糞、更にはくん炭等々、試行錯誤して、いわゆる「栄養価が高い」土を作っていました。しかし、アリの巣ができていたり、いろいろな昆虫が寄ってきたりと、なぜか虫の多いバラになっていった・・・そうりゃそうですよね!バラにとって素晴らしい土というのは、結局は昆虫等にとっても素晴らしい環境なわけですから。

そこで、今度は全く腐葉土とか堆肥とかを混入しない方法で土を作ったのですが・・・今度は、虫は少ないのですが、なぜかヒョロヒョロと枝が細く、か細いバラになっている!更には、肥料不足と思える花色が薄くなったり。苦労している割には、満足いく成果が出ません!

上記のような現象は、どう考えても「土」と「肥料」がキーポイントと信じています!肥料として、発酵油かすが良い、といわれて利用してきましたが、何せナメクジやハエが信じられないほど寄ってくることが解って。油かすを土中に入れ込んでしまえばいいのでしょうけど、なかなかそんな時間もないことと、意外と土の上の方に根が張っていて、ちょっと掘ってみると根を切ってしまっている・・・

そこで、昨日参加したセミナーの講師、大川原清光氏(京成バラ園ガーデンセンター店長)にどんな土と肥料を使っているのかを質問してみました!すると以下のような回答がありました。

私は、決まって土に関しては「京成バラ園バラの培養土」を利用しています。ただね~この土、プロの方々には評判が悪いんですよ!とにかく水はけが悪いって言われちゃって。でもね、こまめに水やりができなかったりする人がほとんどだと思うんですよね。私もそんな一人なので、1~2 日、水やりを実施しなくたって、きっちりと育ってくれるような土が良いと思いますから、私はこれ一筋ですね!」

なるほど!大川原氏の顔写真が掲載されているような培養土ですから、それこそ「これ一筋」なのでしょう。また、個人的に悪評部分を紹介してくれるのも信用できる!更に肥料に関しては、以下のように加えてくれました。

この土(上記の土)には、バイオゴールドの肥料が抜群に相性が良いので、先ずは大苗を植える時には「バイオゴールドクラッシク 元肥」を。更に、追肥はバイオゴールドの固形肥料をしていれば、見事なバラに育ちますよ!」

私にとっては十分でした!これで、今後の方針は、上記の土と肥料をベースにしていきたいと思います。バイオゴールドは、天然の有機質肥料のようですし、明確な使用方針も明示されているようですから、使う方からすれば楽ですよね!


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)