10月 142014
 

ガーデナーの楽しみの一つとして、鉢選定がありますよね!ただ、意外とお気に入りの鉢をみつけるのって大変です。安いだけでは、デザインが周囲の風景とマッチしないとか、逆にデザインが良いとビックリするほど高価だったり。バラ用の鉢やらラン用だったり。更には、室内用や室外用・・・難しいですね!だからこそ、鉢選定は楽しいのかもしれません。

私個人としては、通常は目で見てお気に入りを購入しますが、一方でネットで探して購入することも多いんです。ネットの方が、ゆっくりと探すことができるし。私は、多くのバラの鉢を 「植木鉢・プランターとガーデニング用品専門店 – BARGE(バージ)」で購入しています。

店員の方々の対応は素晴らしいし(といってもお会いしたことはありません!)、梱包も素晴らしい。一度、着荷した時に破損していましたが、その対応が素晴らしいので繰り返し購入するようになりました。特に、「イタリアのヴェネツィア港から届いたおしゃれで高品質な植木鉢アルト モカ・グラフィアート」の 8 と 10 号鉢がお気に入りです。10 号鉢は、土をたっぷりと入れた状態で、自分一人で鉢を持てる限界に近い重さです。よって、この鉢よりも大きければ一人での作業が難しく、小さければ全く問題なく一人で作業ができる!大きさのイメージも想像し易い!

そっか!きちっとサイズを備忘録としておけば良い!そんなことに気が付いた!!ということで、メモを以下に。

サイズ(cm) 容量(L) 重量(kg)
8 号鉢 外寸 23.4 x 高さ 25.2 6.8
10 号鉢 外寸 31.5 x 高さ 35.8 16.0

当然ですが、鉢の素材によって重量が変わってきますから、単純に土が 16リットル以上になると一人で作業できないとは言い切れませんが、それでも良い目安になるな~って。10 号鉢って、とっても大きいな~って感じていましたが、16リットルしか土が入らないんだな~って、改めて感心したりしていますが。

先日購入した大苗、一鉢に複数苗を植え付けようと考えているので、鉢の大きさは重要です!

“Posted through WordPress for Android.”


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)