9月 142014
 

錦織圭(にしこりけい)選手・・・今やこの名前を知らない方は少ないのではないでしょうか。言わずと知れたプロテニス選手。世界ランキング 8 位。歴代の日本人選手最高ランキングです。また、更なる上位に行けると期待が大きい選手です。我が子も将来はプロテニス選手にしたい、と考えるご家庭が多くなったと聞いています。

では、プロテニス選手になるためにはどうしたら良いのでしょう。

これ、想像以上に知らない方々が多いんです。実は、娘がテニスをやっている関係で、一生懸命調べていた時期があるんです、私。野球やサッカーと違って、プロチームへ所属するということがありません。個人競技の代表であるゴルフはというと、プロ試験があって、それに合格すると晴れてプロ選手となるんですが、ではテニスは?

実は、テニスではプロ試験なんてありません!自分で「プロ選手になります」と宣言して、更に日本テニス協会が「プロ選手として認めます」と承認するとプロ選手になれる、というなんとも曖昧な世界なんです。明確な基準はありません。ただ、周囲の噂では、全国規模の大会で Best 8 以上、はたまた、日本のテニスランキングで上位 100 位以内に常時ランキングされていること、なんてことも言われていますが、明確ではありません。

私の記憶では、錦織選手が登場してきた頃、日本でのランキングはなかった・・・日本テニス協会に選手登録をしていませんでしたから。

如何ですか?プロテニス選手になるのって簡単でしょ?実は、テニスの世界は、プロとアマチュアの境界が曖昧なのも特徴です。プロの大会にアマチュアもランキングさえあれば出場することができます。つまり、ランキングが非常に重要です。

ランキングの取得方法は、別の機会に説明しましょう。

それにしても・・・本ブログへのアクセス数がとっても寂しい状況だったのに、錦織選手に関する投稿記事をきっかけに爆発的にアクセス数が多くなってきたのは、なんとも悲しい現実です。ただ、それに便乗しない手はないかな、ってちょっとずるい私です。


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)