9月 072014
 

2014年のバラ栽培も終盤に差し掛かりました。昨年失敗した経験を生かして、いろいろと対策を講じた効果があって、今年の前半は花が満開に近いような結果で大満足していたのですが。

特に肥料に関しては、多くの参考書で推奨されている「発酵油かす」を利用しました。規定量を毎月こまめに施して成果が出ました。ただ、「発酵油かす」は匂いが少ない、ということだったのですが、やっぱりそれなりに匂いがある・・・もう一つ気になったのは、どうもハエやナメクジが寄ってくる。勘違いじゃ無いかな、と考えていましたが、9月になってちょっと涼しくなると、再度、ナメクジが発酵油かすに寄ってきていました!

いろいろと迷いましたが、ハエやナメクジの駆除に薬品を購入したり、発見したら駆除するという手間を考えると、そうした問題が少ないであろう肥料への交換が懸命だろうという結論に達しました!

そこで、バラ栽培を始めた当時に利用していた「京成バラ園 フラワーメーカータブレット」に変更することにしました。タブレットタイプなので、置き肥としてはとっても使い易い!匂いは全く無し。京成バラ園が製造元ですから、バラ専用ということもあって信頼ができるということでは、とってもお手柄という感覚です。

でも・・・ちょっと高いかな〜今更という感もありますが、来年はこのフラワーメーカーで行こうかな、とも考えています。


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)