4月 122014
 

2013年に思い立ったように始めたバラ栽培ですが、目指すはナチュラルガーデンなんてこともありました・・・せっかく存在している小さな庭を、ただただ放置するのはもったいないと思って。

いくつかのバラを地植えにして・・・ちょっとしたグランドカバープランツで、小さめの花が庭いっぱいに咲いてくれたらいいな、と考えたわけですが。まっ、もともと一筋縄ではいかないことは覚悟していましたら、ゆっくりと時間を掛けて充実させていこうと思っています。

地植えのバラの周囲に、「グランドカバープランツ」という種類の植物を植えようと考えて、選んだのが「アジュガ」という種類のものでした。小さな青色の花を咲かせて、どんどん増殖していくというのを書物で読んだので。そこで、数株を昨年の秋に植えたのですが、なかなか「増殖」することがなかった。確かに生育しているのですが、グランドカバープランツというには程遠い!

ところが・・・週末に確認してみると・・・やった!小さいけど、青色の花を咲かせているではありませんか!

20140412_ajuga_01

いや~かなり感動しますね~何せ、昨年の秋には全く生えていなかった雑草と思われる植物の中で、見事に青色の花を咲かせてくれています。全然、グランドカバープランツには程遠いのですが。

20140412_ajuga_02

そこでネットを調べてみると・・・「花後、株元から細長い茎が這うように伸びます(この茎は”ランナー”と呼びます)。ランナーは節から根を下ろして新しい株をつくります。これの繰り返していくらでも広がる・・・」と「アジュガの育て方|ヤサシイエンゲイ」に説明がありました!なるほど・・・「花後なんだ」拡散し始めるのは。

ちょっと引用しておきましょう。

花が終わったあとの花茎は根元から切り落とします。そうすることで株の消耗を防ぐことができます。花後、株元から細長い茎が這うように伸びます(この茎は”ランナー”と呼びます)。ランナーは節から根を下ろして新しい株をつくります。これの繰り返していくらでも広がるので伸びる余地がなくなったり、邪魔になる場合は、ランナーが広がらないように内側に曲げるなどして、伸びていく方向を人為的に変えましょう。

寒さに強く、今年の冬の大雪にも耐えたのですから、強い味方ですが、もうちょっと育成が速いと嬉しいのですが。何せ、グランドカバープランツなんですから。でも・・・やっぱり嬉しいですね~

【追記:2014年4月17日】
後日、今後の拡散状態を記録したいので、以下のような写真をパシャリ!

20140417 ajuka
アジュガは、他の場所にも植えてありますが、やっぱりメインの方に拡散を期待していますので、上記の写真になりました!それにしても、周囲に咲いている植物は・・・雑草かな~植えた記憶が無いけど・・・それでも小さな紫色の花を咲かせてくれているので、雑草ではないのかも。


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)