3月 272014
 

会社支給のスマートフォンが iPhone 4 から 5s へ機種変更。所属する会社のアプリも変更になって、かなり使い易くなりました!メールもカレンダーも連絡先も、自分の満足できるレベルに達したような気がします。これまで多くの会社を渡り歩いてきましたが、最も満足のいくレベルに達してきている!

一方、自分用に所有しているスマートフォン・・・OS が Android 4.0 から 4.1 にアップグレード。こちらも、かなり安定した動作になり、会社支給の iPhone よりも使い慣れている分、満足感が高くなってきました。

しかし・・・

iPhone は Softbank、Android は Docomo なのですが、どちらの機種も、自宅では電波状態が気に入らない!Softbank はどうやら基地局の谷間に自宅があるらしく、データ通信が安定しません。まっ、ネットワークに接続してしまえば、全く問題がないので文句はないのですが。

Docomo もどうやら基地局の谷間のようで、こちらもかなり安定せず!そして・・・Android 4.0 から 4.1 になったら、電波状態を表示する記号が、「LTE」だったり「H」だったり・・・何だ、この「H」って?初めて見る!海外で利用するときには「3G」ってのはもたことがあるけど・・・

ネットを調べると・・・あった!

3G:通常のFOMエリアのことです。
H:FOMAエリアのなかでも FOMA High Speed エリアと呼ばれ、通常の FOMA よりも高速なエリアです。
LTE:次世代通信Xiに対応したエリアで最近サービスインしたのでエリアは今後拡大します。

自宅では・・・「FOMA High Speed」ってこと・・・「LTE」で電波マーク 1 本という状態と「H」で電波ーマークが 3 本とを行ったり来たり。どっちが良いのか理解に困りますが、どちらにしても、「LTE」電波マーク 3 本、十いう状態には程遠いようです。

それにしても、Softbank も DSocomo も、自宅内の部屋の場所によって電波状態が違うっていうのはどうよ???


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)