3月 232014
 

内緒!?にしていましたが、ガーデニングと言うよりもバラ栽培を始めてから、毎月発売される雑誌NHK 趣味の園芸」を購入しています。今月も定例になっている雑誌として「NHK 趣味の園芸 2014年4月号」を購入。

何と特集の中に「ローズレッスンプラス:去年はあれだけ咲いたのに・・・今年、蕾が少なかったら」というタイトルで、「去年の春、大輪の四季咲き鉢バラ(7号鉢)を購入。秋までたくさん咲いてくれたのに、今年は蕾が少ない」という問題の解決方法が説明されています!こりゃ、メモするっきゃないでしょ!

上記の問題、即ち「蕾が少ない」バラに関しての原因が記述されています。

  1. 冬の剪定が浅かった!
  2. 植え替えをしていない!
  3. 肥料が足りない!

冬の剪定は、浅いというよりもどちらかというと深過ぎるって感触があるので・・・植え替えは実施しているし、やっぱり肥料がキーだな、って感覚があります。上記の雑誌に記載されている対策を以下に記載しておきます。

4月:蕾が少ないことに気が付いたら・・・

蕾が色づくまでに1~2回液体肥料(窒素:4、リン:6、カリ:6 など)を施す!この時期は、バラが栄養を取り入れ易く、花数に変化は無いがボリュームのある花が咲き始めます。

5月:切り戻し、植え替え、追肥

5月に花が咲き終わったら切り戻し植え替える。大きな葉の上で切り戻し。また、蕾のつかない若枝(ブラインド)があれば、先端の芽を一つにするか、軽く切り戻す。切ることで刺激され芽吹きがよくなる!6~7月に二番花が咲く。

雑誌には、4月に気が付かない場合の切り戻し、植え替え、そして追肥の方法が説明されています。よって、そちらを参考にして頂きたいのですが、とにかく4月が重要な観察期間になりますね。


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)