3月 052014
 

2013年10月に購入したバラの大苗。厳選に厳選を重ねて!?購入したので、今年の開花時期が今から楽しみですが、何と言っても、昨年10月の購入だったので、予想以上に枝葉が成長。しかし、冬の剪定をするのかしないのか、ちょっと迷いましたが、結局は鈴木満男氏書籍に従って、枝葉を切り落とすことにしました。

結果は、以下の写真の通り。

20140304_onae

適期は1~2月ですからちょっと遅かった・・・ただ、2月は降雪があったし、雨もあったし・・・週末のタイミングが悪過ぎました。この遅めの剪定がどういう結果になるのか。

ちなみに大苗の枝葉落としに関しては、鈴木満男著「バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック(NHK趣味の園芸ガーデニング21)」(NHK出版:2007年11月)で紹介されています。

鈴木満男氏は、我が家から車で 30 分程度の所にある「京成バラ園」にいらっしゃるバラの専門家で、書籍の内容に関しては、きっと我が家の地域にも当てはまる。ちょっと適期はのがしましたが、やっぱり枝・葉を切り落とすのが得策だろうと考えました。

当然ですが、写真にある大苗は、全て「京成バラ園」で購入していますし、購入時には枝も葉もあり、10月以降、想像以上に成長していましたが、それでも切り落とす!ちょっと怖かったけど。

この結果は春頃、出てくるのでしょうね・・・


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)