3月 012014
 

1981年が日本の現代冒険小説の開幕だった・・・先日の本ブログの投稿記事「日本の現代冒険小説は、1981年に始まった!」でご紹介しました。北方謙三氏と志水辰夫氏の登場が大きかった、とのことでした。

上記のようなことを意識して「日本冒険小説協会:Japan Adventure Fiction Association, JAFA」が前年に国内で発表された冒険小説作品(海外作品の翻訳含む)の中から会員の投票により選定し作者に贈る「日本冒険小説協会大賞」(Wikipedia)を参考に、国内の冒険小説をリストしてみました。

作品 作者
第1回 1982年 眠りなき夜 北方謙三
第2回 1983年 北方謙三
第3回 1984年 山猫の夏 船戸与一
第4回 1985年 背いて故郷 志水辰夫
第5回 1986年 カディスの赤い星 逢坂剛
第6回 1987年 猛き箱舟 船戸与一
第7回 1988年 伝説なき地 船戸与一
第8回 1989年 エトロフ発緊急電 佐々木譲
第9回 1990年 行きずりの街 志水辰夫

最初の北方謙三氏の「眠りなき夜」と「檻」は読んだ事があるのですが、何とも記憶がありません・・・どうしてだろう!?再読してみようかな、と考えていますが、時間の余裕がない今、果たして再読できるのか・・・


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)