3月 292014
 

昨年だったと思いますが、我妻が購入してきたシンビジウムは、結局花が咲かず・・・

そこで、今年こそは花を咲かせてやろう!バラと並行して、真剣に育てみようと考えているランですが、やっぱりまずは書籍の購入から。ネットの情報だけでも良いのですが、やっぱり手元に参考書を置いておきたいし。

ということで購入したのが、岡田弘著「あっ咲いた!洋ランコツのコツ」(農山漁村文化協会:2006年1月)ですが・・・出版がちょっと古いかな~とも思いましたが、近所の書店ではあまりランに関する参考書がないので・・・ただ、こうした参考書類は、内容があまり変化するのもではないでしょうし。手軽に読み通せそうなものを選びました。といっても、それほど選択の余地はありませんでしたけど。

現在、じっくりと読み進めているところですが、「シンビジウムが洋ラン栽培の出発点」という記述を見つけました!ちょっと引用しておきましょう。

一般に寒さに弱いカトレアやファレノプシス(コチョウラン)に比べるとシンビジウムは栽培しやすいのですが、かえってラン栽培の基本を怠りがちになりやすく、いざ咲かせようとすると意外と難しいのです。シンビジウムをうまく咲かせることができるようになれば、冬の温度をクリアするだけで、ほとんどの洋ランを咲かせることができるといっても過言ではありません。

なるほど!

ただ、まったく今年は花を咲かせることが気でませんでしたが、本書を読んでいると「春先に新芽が発生しなければ花は咲かない」そうで、その原因は「花を長く咲かせ過ぎて、バルブが充実することができなかった」ということが言えそうです。何せ、まったく新芽が出ませんでしたから!

しかし、今年、今の季節に新芽が発生しています!こりゃ、ちょっと期待できそうですね~

3月 272014
 

会社支給のスマートフォンが iPhone 4 から 5s へ機種変更。所属する会社のアプリも変更になって、かなり使い易くなりました!メールもカレンダーも連絡先も、自分の満足できるレベルに達したような気がします。これまで多くの会社を渡り歩いてきましたが、最も満足のいくレベルに達してきている!

一方、自分用に所有しているスマートフォン・・・OS が Android 4.0 から 4.1 にアップグレード。こちらも、かなり安定した動作になり、会社支給の iPhone よりも使い慣れている分、満足感が高くなってきました。

しかし・・・

iPhone は Softbank、Android は Docomo なのですが、どちらの機種も、自宅では電波状態が気に入らない!Softbank はどうやら基地局の谷間に自宅があるらしく、データ通信が安定しません。まっ、ネットワークに接続してしまえば、全く問題がないので文句はないのですが。

Docomo もどうやら基地局の谷間のようで、こちらもかなり安定せず!そして・・・Android 4.0 から 4.1 になったら、電波状態を表示する記号が、「LTE」だったり「H」だったり・・・何だ、この「H」って?初めて見る!海外で利用するときには「3G」ってのはもたことがあるけど・・・

ネットを調べると・・・あった!

3G:通常のFOMエリアのことです。
H:FOMAエリアのなかでも FOMA High Speed エリアと呼ばれ、通常の FOMA よりも高速なエリアです。
LTE:次世代通信Xiに対応したエリアで最近サービスインしたのでエリアは今後拡大します。

自宅では・・・「FOMA High Speed」ってこと・・・「LTE」で電波マーク 1 本という状態と「H」で電波ーマークが 3 本とを行ったり来たり。どっちが良いのか理解に困りますが、どちらにしても、「LTE」電波マーク 3 本、十いう状態には程遠いようです。

それにしても、Softbank も DSocomo も、自宅内の部屋の場所によって電波状態が違うっていうのはどうよ???

3月 232014
 

内緒!?にしていましたが、ガーデニングと言うよりもバラ栽培を始めてから、毎月発売される雑誌NHK 趣味の園芸」を購入しています。今月も定例になっている雑誌として「NHK 趣味の園芸 2014年4月号」を購入。

何と特集の中に「ローズレッスンプラス:去年はあれだけ咲いたのに・・・今年、蕾が少なかったら」というタイトルで、「去年の春、大輪の四季咲き鉢バラ(7号鉢)を購入。秋までたくさん咲いてくれたのに、今年は蕾が少ない」という問題の解決方法が説明されています!こりゃ、メモするっきゃないでしょ!

上記の問題、即ち「蕾が少ない」バラに関しての原因が記述されています。

  1. 冬の剪定が浅かった!
  2. 植え替えをしていない!
  3. 肥料が足りない!

冬の剪定は、浅いというよりもどちらかというと深過ぎるって感触があるので・・・植え替えは実施しているし、やっぱり肥料がキーだな、って感覚があります。上記の雑誌に記載されている対策を以下に記載しておきます。

4月:蕾が少ないことに気が付いたら・・・

蕾が色づくまでに1~2回液体肥料(窒素:4、リン:6、カリ:6 など)を施す!この時期は、バラが栄養を取り入れ易く、花数に変化は無いがボリュームのある花が咲き始めます。

5月:切り戻し、植え替え、追肥

5月に花が咲き終わったら切り戻し植え替える。大きな葉の上で切り戻し。また、蕾のつかない若枝(ブラインド)があれば、先端の芽を一つにするか、軽く切り戻す。切ることで刺激され芽吹きがよくなる!6~7月に二番花が咲く。

雑誌には、4月に気が付かない場合の切り戻し、植え替え、そして追肥の方法が説明されています。よって、そちらを参考にして頂きたいのですが、とにかく4月が重要な観察期間になりますね。

3月 212014
 

ここ数日の気温から、バラが芽吹いてきました!なかなか良い感じで芽吹き出していて、いよいよ開花に向かっているんだな~って、ちょっと嬉しくなりますが、せっかくバラの育成をしているのですから、何か目標は欲しい!

そこで、以下のような目標をたてて2014年は頑張ろうと思います。

  1. 2013年に不調だった3種(マイ・ガーデン、シークレット・パピューム、ディズニーローズ)の開花!
  2. 2013年後半に病気で瀕死状態だったミニバラの完全復活!
  3. 2013年に新苗で購入した「ローズ・ヨコハマ」の開花!

昨年の大反省点は、肥料と水やりです。肥料は、「まっ、気が付いたら」程度の施肥で終わっていたし、水は無条件に毎日といった体たらく。肥料や水が大きく開花に影響すると考えていませんでした。というよりも、これまでは過剰施肥と水不足が原因と考えられる枯れ死を、バラ以外の植物では経験していたので・・・

2014年、昨年、購入時こそ開花花があった「マイ・ガーデン」、「シークレット・パフィーム」、「ディズニーランドローズ」の3種は何としても花を咲かせたい!水やりと肥料に神経を使って、参考書にある施肥を確実に実現していくことが重要でしょう。

ミニバラは、「あれっ、病気かな~」と感じてから薬剤散布までの空白が大き過ぎた。既に経験しましたから、2014年は、「あれっ、病気かな」と思ったら直ぐにでも薬剤散布を実施したいと考えています。

「ローズ・ヨコハマ」は、新苗で購入して順調に育っているように思いますが、昨年中は徹底したピンチを実施して、まったく花を咲かせていませんから、今年こそは大輪の花を見てみたい!

そろそろバラ栽培を開始して2年目に突入です!

3月 162014
 

日に日に暖かくなりますね~既に汗をかきながら生活を強いられる今日この頃です。本日の気温から、完全に半袖でガーデニング作業を開始。昨年夏、いろいろと試行錯誤して実施した結果・・・記録的な豪雪で、既に復活が不可能と思えるような草木もあり、今年再出発かな~とも考えているのですが・・・

何と!ただただ昨年放置していたプランターの球根を地植えにしただけで、なんの球根だったのか誰も気が付かづにいたのですが。「スイセン」のようです。何もせず、地植えにしただけ。

20140316_Suisen_01

何か見事な黄色の花を咲かせ、豪雪にも耐え、それでいて小さな花を見事に咲かせてくれています。「ここにスイセンを咲かせよう」と決心しての地植えではありませんから、何とも自然な感じで良い感じ。

20140316_Suisen_02

ちょっとアップにしての写真も想定以上に良い感じで背景がぼけてくれたので、その写真もアップしてみました!

「スイセン」って、多年草できちっとメンテナンスすれば、毎年可憐に咲いてくれるようです。バラが咲くのがもうちょっと後になりますから、この時期での開花は結構嬉しいな~