2月 242014
 

既に手放せなくなりつつある「SkyDrive」ですが、どうも最近「OneDrive」って名称が宣伝されている・・・ちょっと調べてみると「SkyDrive」から「OneDrive」へ名称を変更するんですね。ただ、それだけでも無いようですので、自分用にメモしておきます。

引用は「SkyDriveからOneDriveへ:IT Bootstrap:ITmedia オルタナティブ・ブログ」より抜粋しています。

マイクロソフトのオンラインストレージサービス(パーソナルクラウドサービスとも呼んでいますが)であるSkyDriveはOneDriveと名称を変えました。これは商標上の問題からマイクロソフトが名称変更を決定したものです。(中略)

OneDriveになって変わったことは下記の通りです。

  • カメラロールのバックアップ用に3GBが追加された。
  • Androidのカメラロールのバックアップ機能追加。(Windows PhoneはもちろんiPhoneはサポート済み)
  • Office Web Apps改めOffice Onlineの共同編集機能強化
  • 容量追加(有料)が月額払いにも対応

また、ストレージアクセスのURLも変更になりました。短縮URLも変更になっています。

  • skydrive.comからonedrive.live.com (onedrive.comからもアクセスできます。)
  • 短縮URLはsdrv.msから1drv.ms

個人的に嬉しい機能追加はないようですが、現状、Android と iOS の両刀使いなので、これらのアプリのパフォーマンスが改善されると嬉しいかな。そういう意味では Office Online の機能追加がどれくらいのレベルになっているのかを確認する必要があるかな。

自宅の主要マシーンである Surface RT での使い勝手も気になるところです。


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)