2月 232014
 

(本投稿記事は「XAMPP 1.8.3」をベースにしています)

Xampp_logo自己満足のための「俺流!バラ栽培」は、HTML ファイルを PHP ファイルに分割したことで、とってもメンテナンスがし易くなってきたのですが、そうなると PHP の開発環境が欲しくなる・・・という理由で「XAMPP」を自宅サーバーにインストールは完了しました。(本ブログの投稿記事「XAMPP(ザンプ)で Windows 上にウェブサーバーを構築する:インストール」を参照)

インストールした自宅サーバーと言っても単純にファイルを保存するために利用していますから、通常の PC と何ら変わりはない「Windows 7 マシーン」です。「XAMPP」内の「htdocs」が公開されるウェブサイトになるので、http://localhost/index.htmp も index.php も正常に動作しているようです。

そこで、このディレクトリに同じホームネットワークに接続されている Surface RT から閲覧できるようになるととっても嬉しい!

しかし、どうやら通常のセットアップだけではアクセスできません・・・ネットを検索して・・・以下の公開記事がとっても参考になりました!

上記を参考に「XAMPP」ディレクトリ内にある「httpd.conf」のファイルを編集します!ちょっと難しい感じのファイルですが Windows のアクセサリである「メモ帳」で簡単に編集できますから有難い。「httpd.conf」をオープンして、「ServerName localhost:80」という部分を自宅の「XAMPP」をインストールしている PC の IP アドレスに書き換えます。

「ServerName localhost:80」から「ServerName 192.168.XXX.XXX:80」に変更

「XAMPP」を再起動して、ネットに繋がっている Surface RT から http://192.168.xxx.xxx/index.html を閲覧しようとすると・・・お~見事に閲覧に成功です。

ところが index.php を閲覧しようとすると、以下のようなメッセージが登場しました。

新しいXAMPPのセキュリティコンセプト:
は、要求のディレクトリへのアクセスは、ローカルネットワークから入手可能です。
この設定は、ファイルで設定することができますのhttpd – xampp.conf

そこで、「xampp.conf」の最後の方に以下の記述がありました。

# New XAMPP security concept
#
<LocationMatch "^/(?i:(?:xampp|security|licenses|phpmyadmin|webalizer|server-status|server-info))">
  Require local
  ErrorDocument 403 /error/XAMPP_FORBIDDEN.html.var
</LocationMatch>

上記の「Require local」を適切に書き換えれば良い!取り急ぎ、「Require all granted」って書き換えてみました。セキュリティー上、問題があるかもしれませんが、まずは稼働してくれることが重要なので。

すろと!やりました!!同一のネット上にある Surface RT から見事に閲覧できるようになりました。


  One Response

  1. […] 一ネット上の他の PC からアクセスできるように設定する | 酔言::すいげん http://www.nakui.net/2014/02/23/541 […]

 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)