2月 162014
 

本当は先週(2014年2月7~10日頃)実施する予定でしたが、関東地方の記録的な大雪のため、1 週刊遅れ・・・と考えていたら再度、週末に大雪が。ちょっと迷いましたが、雪が雨になり、雨が止んだので、鉢植えの「バラの冬の剪定」を実施しました。かなり大胆に!

写真は、2013 年に大活躍してくれた「オクラホマ」と「ハニーブーケ」という品種です。

20140215_sentei

バラ栽培を始めたのが 2013 年 5 月・・・バラ栽培で最も重要と言われている「剪定(せんてい)」という作業で、長く伸びた枝の切り戻しのことで、その年の花付きを決定づけるとも言われている作業です。

とにかく初めてのことだし、成果が直ぐに確認できるわけではありませんから、これで良いのか、悪いのか・・・解説されているよりもかなり大胆に切り取りました。

参考にしたのは鈴木満男著「よく咲く鉢バラの育て方」(主婦の友社:2013年10月)という書籍。とにかく、家族がビックリするほどバラに関しては書籍を買い漁りましたが、鉢植えに関してはこれが一番参考にしています、

著者は、自宅から近い「京成バラ園」に所属されているし、鉢植えに限定しているので、これしかないかな、と思って。ただ、バラに関しては、著者によって主張が違うので、「これが正しい」ということはないのでしょうけど・・・


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)