1月 312014
 

2013年5月・・・突如としてはまった「バラ栽培」ですが、初めて始めることには何かと書籍を読み漁る私です。バラも例外なく、その参考書籍に数は「常軌を逸している」との家族の評価。まっ、そんなことは気にせず邁進していますが。

参考文献を読んでいると、とにかくいろんな「バラの分類」があることに愕然としました。分類、即ち種類によって育て方が違っていたりするから。そこで、私は自宅から近い「京成バラ園」が「友の会」向けに配布しているカタログの分類方法をとることにしました。

20140130_KeiseiRose

このカタログ、眺めているだけで楽しいのですが、「京成バラ園」で購入することが多い私にとっては、その分類方法がしっくりくると思われます・・・ということで、以下にその分類を示しておきましょう!

  • アンティークタッチ
  • 四季咲大輪系
  • 四季咲中輪系
  • ミニアチュア系
  • 修景用バラ
  • つるバラ

それぞれの分類に関しての説明は以下の通りです。

アンティークタッチのバラ:Antique Touch Roses

オールドローズの特徴を引き継ぎつつ、モダンローズの長所である四季咲き性や、豊かな花の色、雨に負けない厚みのある花びらなどを併せ持つ品種です。

四季咲大輪系:Hybrid Tea Roses

花径 10 ~ 15cm の大輪の花を咲かせ、香りの強い品種が他の系統よりも多い系統です。

四季咲中輪系:Floribunda Roses

花径 5 ~ 11cm 程の大きさで、多くの品種が房咲きなので、花が次々と咲き、花もちが良いことが特徴の品種です。

ミニアチュア系:Miniature Roses

花径 3 ~ 5cm の小さな可愛らしい花を次から次へと咲かせる品種です。

修景用バラ:Landscape Roses

手入れが少なくても丈夫に育つ系統で、寒さや病気に強く、幅広い環境に適用します。

つるバラ:Climbing Roses

空間を活かして立体的にバラをたくさん咲かせようとする時に利用される品種です。

春に向かって、バラ栽培ではやることがてんこ盛りですが、本ブログでは上記の分類を元に投稿記事を公開していくことにします。


  2 コメント

  1. 我が家のつるバラは、つるばかり延びて花がつきません。
    じゃまなんでつるを切ってばかりです。
    春には咲くかなぁ?

    • かけさん
      始めたばっかりのバラ栽培ですからアドバイスなんてできませんが・・・
      つるバラは、枝を切って曲げる!ってのが重要らしいですよ。ただただ上に向かって枝が伸びるだけでは花をつけないそうです。種類にもよるようですが。

      実際には、つるバラの経験のない私ですので・・・昨年末に購入したつるバラ(大苗)がどうなってくれるのかとっても期待はしているのですが・・・

 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)