1月 022014
 

初詣では、我が家の恒例となった「おみくじ」ですが、昨年は家族全員が「大吉」でした・・・「大吉」は、おみくじでは最高の運勢なのは誰でも知っていますよね。しかし、私の今年引いたおみくじは末小吉」でした。

人生で、初めての「末小吉」で、全体の吉凶の順位ではどれ位の位置何でしょう?!「神社仏閣によって様々」だそうですが、昨日の成田山新勝寺のおみくじでは、「大吉・吉・中吉・小吉・末小吉・凶」の6つ。つまり・・・私の「末小吉」は下から2番目!

「Wikipedia – おみくじ」によれば、以下の通りです。

「大吉・吉・中吉・小吉・凶」など(多い所では「大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶」など。最近では書かれている運勢が「大大吉(大々吉)」や「大大凶(大々凶)」がある寺社もある)の吉凶の語で書かれる。みくじ箋の吉凶の量の比率は、神社仏閣によって様々であり、近年は凶を減らすところもある[1]。ただし、吉凶よりも運勢の説明で何が語られているかが大切であるとされる。

因みに、我妻:吉、長女:吉、次女:大吉!次女は、昨年に続き「大吉」です。ただ、あくまでも楽しみの一つで、これを信じるということはありませんが、なぜかおみくじを引いては一喜一憂するのでした。


 返信する

(必須)

(必須:アドレスは公開されることはありません)